ハワイの観光スポット

初めてのハワイ旅行で定番観光スポット10選&ワイキキのおすすめグルメ5選&ホテル3選

初めてのハワイでおすすめ観光スポット
記事依頼

2019年5月に初めてハワイへ行きます。海外旅行は2回目でずいぶん昔にグアムに行ったことがある程度です。ハワイには島がいくつかありますが、ほとんどのハワイ情報はオアフ島の情報です。オアフ島がおすすめでしょうか?また、オアフ島に行くとした場合、ここは見ておいたほうが良いというオススメの定番観光スポットを教えてもらえますと助かります。初めてのハワイを満喫するための情報がありましたら記事にしてほしいです。

ご依頼ありがとうございます。LOMINO DAYORI編集部です。初めてのハワイ旅行だと何かと不安もあるかと思いますが、ハワイは初めてでも大変楽しめる観光地です。

初めてのハワイ旅行でも失敗しないハワイ情報とおすすめ観光地を紹介したいと思います。ロミノハワイのご予約もご検討いただきありがとうございます。お客様から人気の時間帯と最安値でご予約する方法をお伝えします。

記事の目次

ハワイ基本情報

おすすめの観光地をご紹介する前にハワイについての基本情報をお伝えします。ハワイ州は1959年にアメリカの51番目の州として加わりました。ハワイ諸島はオアフ島をはじめ全8島あります。北から順番に島の名を紹介します。

  1. ニイハウ島(NIIHAU)
  2. カウアイ島(KAUAI)
  3. オアフ島(OAHU)★
  4. モロカイ島(MOLOKAI)
  5. マウイ島(MAUI)
  6. ラナイ島(LANAI)
  7. カホオラウェ島(KAHOOLAWE)
  8. ハワイ島(ISLAND OF HAWAII)

ハワイは基本は常夏ですが、若干の温度の変化と雨季があり雨が多い時期があります。雨季といっても1日中雨が降っているという日は稀で、にわか雨のパラパラと降る雨です。またオアフ島ワイキキ地区は雨が少ない地域で、観光には適した場所です。

基本言語英語
通貨ドル($)
夏/乾季 5月~10月 最低気温23℃ 最高気温31℃
冬/雨季 11月~4月 最低気温20℃ 最高気温27℃
時差19時間
州都名ホノルル(オアフ島)
オアフ島面積1,545km²
オアフ島人口約95万3千人

初めての旅行でのおすすめはオアフ島

ハワイで一番人口が多く、旅行者も一番多いのがオアフ島です。テレビやガイドブックで紹介されているハワイ情報でもオアフ島の紹介がダントツで多いです。世界最大のショッピングモールのアラモアナショッピングセンターやハワイ最大のリゾート地ワイキキがあるのもオアフ島です。初めてのハワイ旅行でしたらオアフ島がおすすめです。宿泊先はワイキキのホテルがどこへ行くにも便利です。空港はホノルル空港(ダニエルイノウエ国際空港)でフライトを予約します。

レンタカーを借りて、オアフ島を1周するのに約4時間ほどです。観光スポットやレストランを回りながらでも1日で1周回ることができます。

初めてのハワイ旅行で押さえておきたい名所!オアフ島のおすすめ定番スポット10選

オアフ島には様々な観光地があり、見どころ満載です。海も山もすぐ近くにあるので、ハワイならではの絶景を楽しむことができます。大自然を満喫しながらも、ショッピングセンターへ行けば有名ブランドが日本より安く買えるというお得なショッピングも楽しめます。そんなオアフ島の定番おすすめ観光スポットを10か所ご紹介します。外れ知らずの初ハワイを満喫くださいね。

ハナウマベイでシュノーケル

ハナウマベイは全米No1ビーチに選出されたこともあるシュノーケリングで有名なビーチです。オアフ島の東側の湾で、無人島にいるかのように自然に囲まれた立地です。ハワイにしか生息しない魚やウミガメと一緒に泳ぎながらシュノーケルを楽しめます。現地でシュノーケルセットを$20ほどでレンタルもできます。ハワイを海の中から楽しめる定番の人気スポットです。ハワイ王朝時代には王族の漁や遊びの場として使われ、現在ではローカルにも人気なビーチとして親しまれています。

観光名所ハナウマベイ/ハナウマ湾
入場料1人7.50ドル(12歳以下無料)/ローカル無料
駐車料金1台1ドル
営業時間6:00AM – 7:00PM

ダイヤモンドヘッドでハイキングからの絶景

ダイヤモンドヘッドはワイキキビーチから東側に見えるクレーターです。すでに火山活動は休止しており約50万年までにダイヤモンドヘッドが誕生したといわれています。クレーターの頂上から海を一望できることから、1908年から1943年までアメリカ軍によって砲台など設置され軍事要塞として使われていました。ダイヤモンドヘッド頂上まで通る道やトンネルは、この際に作られた資材運搬等の登山道を利用したもので、頂上までのトンネルを抜けた後の絶景は海を一望でき、ワイキキビーチも見下ろすことができます。

ハワイ州のステートパークに定められており、山頂までハイキングで登ることができます。入口から頂上まで往復30~40分ほどで、登頂ポイントからはワイキキビーチとホテルが一望できます。レンタカーではふもとのパーキングまで郁子ことができ、車一台当たりパーキング料金は5ドルで乗り合わせた人の入場料が含まれています。

観光名所ダイヤモンドヘッド
入場料1人1ドル/車1台5ドル
(車の入場料には乗車人数分の入場料が含まれています)
時間6:00AM~6:00PM

ダイヤモンドヘッド登頂の後はホテルに戻って出張ロミロミがおすすめです。ロミノハワイのお客様にもダイヤモンドヘッドで朝日を見に行った後にホテルに戻ってロミロミを受けて、そのあとはホテルのプールでゆっくりしますというお客様が多くいらっしゃいます。ダイヤモンドヘッド→出張ロミロミ→ホテルプールという流れの楽しみ方もよいですね。

タンタラスの丘の夜景

タンタラスの丘からはホノルルの街並みを一望できます。ハワイの街灯はオレンジ色のみで、州の法律でネオンサインなどは禁止されているため、オレンジ系で統一された街灯がゴールド色に輝いているかのようです。100万ドル夜景ともいわれ、オアフ島でも人気の高い夜景ポイントで、感動すること間違いなし。

夜景で有名なタンタラスの丘ですが、昼間の天気の良い時に訪れてもまた絶景を見ることができます。ダイヤモンドヘッドを見下し、ワイキキやホノルル空港、パールハーバーも一望することができます。山から街並みと海を見下ろすことのできる夜景と同様に感動する絶景です!

ハレイワタウンのフリフリチキン

ハレイワはオアフ島のノースショアにあるヒストリカルな町です。日本でいうと京都のように古き良き外観を保っています。 マクドナルドのロゴもハレイワタウンだけは字体が違います。ハレイワにしかないお店も多くあり、ノースショアのゆっくりとした雰囲気の中、ショッピングやグルメを楽しめます。

そんなハレイワタウンにRay’sというフリフリチキンがあります。オリジナルに味付けされたチキンを丸ごと炭火でじっくりとくるくると回しながら焼きあげます。とってもジューシーでシンプルな味付けが絶品です。ハレイワ探索中のランチにおすすめです。 レンタカーでハレイワを訪れている方はフリフリチキンを買った後、ハレイワビーチまでもっていき海辺で食べるのがおすすめの食べ方です!

観光名所Ray’s Kiawe Broiled Chicken
メニューハーフプレート8.50ドル
営業時間月 – 金 休み/土日 9AM-4PM

ラニケアビーチでウミガメに遭遇

ラニケアビーチはノースショアにあるウミガメの出現確率が非常に高いビーチです。ウミガメが甲羅を干しにビーチに上がってくる珍しいビーチで、海の青さもワイキキは違い深い青色をしています。午前中よりは午後にビーチに上がってくることが多く、ハレイワを探索してフリフリチキンを食べて、ラニケアビーチによるというコースがおすすめです。ノースショアは世界でも有数なサーフィンポイントで、冬場は波が高くなりますのでご注意くださいね。

ドールプランテーションのパイナップルソフトクリーム

ノースショアに向かう途中にパイナップル畑がり観光地としても有名なドールプランテーションがあります。世界最大級の迷路やメイドインハワイのお土産が買えるショップなどがあり、たくさんの観光客でにぎわっています。そのドールプランテーションで販売しているパイナップルソフトクリームがとてもおいしいです。ノースショアに行く途中には是非ドールプランテーションに立ち寄って旅の思い出にパイナップルソフトクリームを試してみてください。アメリカンサイズでかなり大きめのサイズですがペロッと食べてしまいます。

観光名所Dole Plantation
メニューDole Whip Regular Cone 5.75
営業時間毎日9:30AM–5:30PM
ホームページ https://doleplantation.com/jp/

カイルアビーチ

カイルアビーチは全米でも人気の高い白い砂浜とエメラルドグリーンの海が特徴のビーチです。同じ海なのかと疑うようなエメラルドグリーンに感動します。近くのカイルアビーチアドベンチャーズでカヤックをレンタルできます。風が強い日が多いので流されないようにご注意ください。エメラルドグリーンの景色の中、一日のんびり過ごしたいですね。

モアナルアガーデンの「この木なんの木」

モアナルアガーデンには日立の木と名付けモンキーポットという種類の大きい傘のような形の木があります。日本の日立のCMで有名な「この~木なんの木気になる木♪」のCMソングをご存知の方も多いのではと思います。樹齢130年のこの木なんの木は高さ約25メートル、幅40メートルの巨大な木で存在感抜群です。一度は見ておきたい観光スポットです。昔は入場料は無料でしたが、2015年から有料になりました。お金払ってまで見る価値あるかなとふと思ってしまいますが、公園の外からでもこの木なんの木を見ることはできます。

観光名所Moanalua Gardens
入場料大人$5/6から12歳$3/6歳以下無料
ハワイ在住者1ドル
開園時間毎日:8AM – 5PM
ホームページ https://www.moanaluagardens.com/

全米で最大級のアラモアナショッピングセンター

アラモアナショッピングセンターは全米でも最大級のショッピングセンターです。350店舗以上のショップやレストランがあり、1日では回り切れないほど大きく、世界中から有名ブランドが出店しています。アメリカということで日本よりも安く買えるブランドもたくさんあります。 海や山の自然を満喫したかと思えば有名ブランドを格安で買い物もでき、ハワイは都会と自然が融合したよりどりみどりな観光地です。

観光名所アラモアナセンター
営業時間月 – 土: 9:30AM – 9PM
日: 10AM – 7PM
所在地1450 Ala Moana Boulevard, Honolulu, HI 96814
電話番号(808) 955-9517 ext. 2
ホームページ https://www.alamoanacenter.com

KCCのファーマーズマーケット

KCCとはKapiolani Community Collegeの略で、ハワイ州立の短大です。土曜日のみKCCのパーキングでファーマーズマーケットが開催されています。ハワイでとれた果物や地元ならではのおいしい食材を使ったプレートランチなどハワイでとれたものがたくさん販売されています。中でもオススメはジンジャーレモネードでハワイ産のジンジャー(ショウガ)で作ったレモネードは絶品です。ほかにもハワイでとれたグリーントマトのフライやピザがおすすめです。ダイヤモンドヘッドのすぐ近くですので、ダイヤモンドヘッドからの帰りによれる距離です。ファーマーズマーケットの開催日は土曜日のみですので日程確認を必ずして訪れて下さいね。

観光名所KCC Farmers’ Market
開催時間土曜日7:30AM–11:00AM
ホームページ https://hfbf.org/farmers-markets/kcc-saturday/

初めてのハワイで必ず食べたい!ワイキキのグルメ5選

ワイキキのカラカウア通り

初めてハワイに来たからには食べてほしい!そんなグルメを紹介します。ワイキキ内で外せないカフェやレストランを5か所ご紹介します。おすすめメニューも一緒に紹介していますので、滞在中に是非食べてみて下さいね。

コココーブのポケ丼/ポキ丼

POKE(ポケ/ポキ)はハワイ語で「スライスする」「細かく切る」というような意味がありますが、ポケはマグロにごま油や醤油であえたローカルに人気のハワイアンフードのひとつです。日本の漬けマグロに近いですが、ごま油やハワイアンソルトによってポケならではの味わいを楽しめます。

ワイキキのコココーブというお店では10種類以上のポケを量り売りで買うことができます。また、ポケを選んでどんぶりにもしてくれます。ロミノハワイのオフィスはコココーブの近くにありますのでよくポケ丼をランチに買いに行きます。おすすめはオイスターソースポケです。2種類選んだりもできますし、選ぶ前に味見もさせてくれますので気に入ったポケを選んで食べてみてくださいね。スパイシーポケはかなり辛いのでご注意を!

店名Coco Cove
営業時間6:30AM–11:30PM
ポケ販売時間 9:00AM–8:00PM
ポケ丼値段ポケ1種類7.99ドル/ポケ2種類11.99ドル

ジャンバジュースのスムージー

ジャンバジュースはスムージー専門店です。ホノルルに10店舗以上あるローカルにも人気の高いお店です。搾りたてのフレッシュジュースもあり、ヘルシーなドリンクを買うことができます。おすすめはスムージーはカリビアンパッション(Caribbean Passion)で、パッションフルーツ、マンゴ、ストロベリー、ピーチ、オレンジがミックスされたクラッシックスムージーです。オプションでビタミンCを入れることもできますので、お好みで追加してみてくださいね。

店名ジャンバジュース JAMBA JUICE
営業時間月 – 金: 6:30 am – 9:00 pm
土日:7:00 am – 8:30 pm
メニュー Caribbean Passion $5.69

アイランドビンテージコーヒーのアサイボウル

アイランドビンテージコーヒーのアサイボウルはローカルにも人気でボリューム満点です。アサイスムージーの上に新鮮なカットフルーツが盛り付けられていて、南国感あふれる盛り付けです。健康にも美容にも良いのでうれしいですね。 アイランドビンテージコーヒーのコーヒーもおいしいですがアサイボウルも絶品です。

店名Island Vintage Coffee
営業時間毎日:6AM – 11PM
メニューアサイボウル $9.65

エッグスンシングスのパンケーキ

エッグスンシングスはパンケーキの老舗として有名で、ワイキキに2店舗あります。日本で映画化されたりと話題性もあります。店内はオープンエアーで窓がなく、外で食べているかのような雰囲気の中パンケーキを食べることができます。話題のふわふわパンケーキをお好きなトッピングと組み合わせてオーダーしてみてくださいね。朝ごはんと昼ご飯のタイミングは行列ができていますので、ごはん時を外していくと並ばなくても入店できて時間を節約できます。

店名Eggs ‘n Things Saratoga
営業時間毎日:6AM–9PM

アロハテーブルのロコモコ

アロハテーブルはハワイのローカルフードのロコモコが有名で、いくつかの賞を受賞しています。ロコモコはハンバーグと目玉焼きにグレイビーソースという肉汁がベースになっているソースがかかっているハワイアンどんぶりです。シンプルなローカルフードを旅の思い出に!

店名Aloha Table Waikiki
営業時間月 – 土:11AM–1AM
日:11AM–12PM
メニュー値段ロコモコ $11.50(ランチ)

初めてのハワイ旅行だから泊まりたい!おすすめホテル3選

初ハワイでホテル選びに迷うとこがあると思います。ワイキキには100ホテルほどありますがその中でも、カップルにおすすめなホテル、立地がよい定番ホテル、家族旅行におすすめなホテルを紹介します。

カップルにおすすめハレクラニ

ハレクラニ

ハレクラニホテルは初めて旅行するカップルにオススメのホテルです。ハネムーン、新婚旅行で泊まる方の多く、サービスの良さに定評があり、日本語のゲストサービスもありますので、安心して宿泊できます。ホテル内はとても静かで、にぎやかなワイキキ内とは別世界のように気品のあるホテルです。

定番の好立地シェラトンワイキキ

シェラトンワイキキ

シェアトンワイキキはワイキキの中心にあり、かつワイキキビーチ沿いでもり、大変立地のよいホテルです。どこに行くにも近く、バスの発着場所にもなっていますのでオプショナルツアーにも参加しやすいです。初めてでどのホテルに宿泊していいかわからない場合はシェラトンワイキキでまず間違いないです。

家族におすすめヒルトンハワイアンビレッジ

ヒルトンハワイアンビレッジ

ヒルトンハワイアンビレッジはハワイでも最大級のホテルです。ホテル内にいくつもプールがあり、キッズプログラムもあります。海も近くホテル内アクティビティーが充実していますので、家族旅行の方にオススメです。3世代全員がそれぞれ楽しめるホテルです。

ハワイ旅行に必要な持ち物リストで出発前の準備をしましょう

持ち物の準備

初めてハワイ旅行で何を持ち物でもっていけばいいのかわからない方へ必ず持っていかなければいけないものとあると便利な持ち物を紹介します。旅の準備にお役立てください。

必須の持ち物

パスポート

飛行機に乗るのに必ず必要なのがパスポートです。パスポートをお持ちでない方は住民登録をしている各都道府県の窓口で取得が可能です。外務省のホームページに案内がありますので、お持ちでない方は外務省のホームページで場所を確認して申請しましょう。

ESTA(エスタ)

日本人がアメリカに入国するにはESTAという電子渡航認証システムによる渡航認証が必要になります。ESTAの認証がないと入国できませんので必ず申請を行ってください。費用は14ドルです。アメリカのESTA申請ページから申請が可能です。申請者の情報→渡航情報→適格性に関する質問→支払いのシンプルなプロセスです。日本語でもできますので旅行前に申請をしましょう。

あると便利な持ち物

クレジットカード&現金

クレジットカードには旅行保険がついていたり、カード会社によってはハワイ現地にラウンジがあり旅行をサポートしてくれるカード会社があります。また万が一財布を落としてしまった時など現金ですと戻ってくることはないですが、クレジットカードならすぐ止められますし、不正に使われた分は返金してくれますので、安心して旅行を楽しむことができます。

お店によってはクレジットカードが使えないお店もありますので、現金も持っていくと便利です。ハワイの通貨はドルですので、円を両替する必要があります。日本の銀行や空港でも両替ができますが、ハワイ現地での両替が一番お得なレートになっています。

上着

ハワイは常夏ですが時期によっては肌寒い時期や夜は寒くなる時期があります。また、公共の機関ではクーラーが効きすぎていて寒いことがあります。ザ・バスも極寒です。上着を持参してもしもの寒さ対策があると便利です。

襟付きシャツと長ズボンと靴(男性)

レストランによってはドレスコードがあり、襟付きのシャツに長ズボン靴でないと入店できないレストランがあります。高級レストランをディナーや食事を予定している場合はあらかじめドレスコードを確認して、入店できる格好を用意していきましょう

安全に楽しく過ごすための注意事項

時差ぼけを起こさせない

日本とハワイの時差は19時間です。ハワイは19時間日本より遅れています。しかもフライトで約7時間ほど座りっぱなしですので体もバキバキでさらに時差ぼけという2重苦をさけ、1日目からハワイを満喫できるコンディションを整えておくことをお勧めしています。

時差ぼけ対策とフライトの疲れをとるためにハワイ伝統のマッサージ「ロミロミ」が効果的です。出張ロミロミ専門店のロミノハワイでしたらホテルへチェックイン直後にお部屋でロミロミを受けることができます。

ホテル出張ロミロミ専門店でフライトの疲れと時差ボケを解消する

危険地域には足を踏み入れない

ツアーに参加している場合は危険地域に行くことはまずないので安心ですが、レンタカーで移動したりする場合は知らないう内に危険エリアに入ってしまうこともあるかもしれません。レンタカーを借りる場合は必ずスマホのWIFIがつながるように準備をしておきましょう。現在地を特定して滞在先のホテルまでいつでも確実戻れるように準備をしておきながら楽しみましょう。

ショッピングと観光の日程を別日にする

ショッピングをして購入したものを持ちながら観光したり、レンタカーの中に入れっぱなしで観光したりしますとトラブルの元です。遊ぶときは遊びに徹して、買い物をするときは買い物に徹するのもハワイを楽しむコツです。

お酒を買ったり飲んだりする方はパスポートを持参

ハワイ州では21歳以上でないとアルコール類を購入することができません。レストランで飲酒したり、コンビニでお酒を買う場合にも身分証明が必要になります。明らかに21歳以上でも販売する側はIDの提示を義務付けられていますので40代でも年齢証明を求められます。

おまけ

ハワイは虹の島と呼ばれるくらい虹を頻繁に見ることができます。観光地のめぐり楽しみながら、小雨の時は空を気にしてみてください。太陽と反対側に虹が出現しているかもしれません。注意事項を気にしながら安全で楽しい初めてのハワイ旅行にして、最高を思い出を持ち帰っていただけますと大変うれしく思います。

ハワイでの観光は癒しから!

出張ロミロミマッサージ

出張ロミロミ専門店「ロミノハワイ」は滞在先のホテルに資格を保持した日本人女性セラピストが伺います。疲れ知らずのハワイ旅行にするためにご利用ください。

顔や足のむくみを解消して、身も心も癒されてハワイを楽しむ方法