ハワイの観光スポット

この木なんの木(日立の木)があるモアナルアガーデンの魅力を徹底紹介

この木なんの木|日立の樹
依頼

この木なんの木、気になる木~♪の日立のCMで有名な大きな木がハワイにあるようです。レンタカーを借りてノースショアへ行く途中でこの木なんの木に寄ろうと思っていますが、この木なんの木があるモアナルアガーデンには入場料が5ドルかかるようです。せっかくハワイに行くので写真を撮りに行きたいと思っています。主人には見に行く価値がないと言われていますが、旅行の思い出に見に行きたいと思っています。是非、モアナルアガーデンにあるこの木なんの木(日立の樹)の魅力を伝えていただき主人を行く気にさせていただけませんでしょうか?

記事のご依頼ありがとうございます。Lomino Dayori編集部です。モアナルアガーデンの入場料は昔は無料でしたが、2015年から入場料が有料に変更になり、2019年現在大人5ドルの入場料がかかります。入場料を払ってまで見る価値はないとおっしゃる旦那様のお気持ちもわからないでもないですが、5ドル以上の価値を感じていただけるように、この木なんの木とモアナルアガーデンの魅力について紹介します。

モアナルアガーデンを含むおすすめの1日観光コースはこちら↓

この木なんの木を含むおすすめの観光コースはこちら!

この木なんの木への入場料有料の価値あり!?

モアナルアガーデンズの入り口
モアナルアガーデンズの入り口

日立の樹があるモアナルアガーデンは年間約5000万円もの管理費がかかっているようです。いつ行っても芝生は綺麗ですし、公園内の植物が元気なのは隠れたところで管理が行き届いているからなのです。美しい公園にそびえるこの木なんの木は壮大で、迫力満点です。日立グループのテレビCMをテレビ越しに見るより何倍もの大きさを感じられます。また、モアナルアガーデン内には1850年代に建てられたカメハメハ5世のコテージが残っていたり、歴史好きの観光スポットとしても見どころがあります。

旦那様、年間5000万の管理費がかけられている樹木は世界中を探してもこの木なんの木くらいです。そんな高級な樹木をたった5ドルで見られるっていうのはとても価値のあることのように思います。む、無理やりでしょうか?

この木なんの木の3つの魅力と基本情報

この木なんの木|日立の木
この木なんの木|日立の樹

この木なんの木(日立の樹)はモンキーポッドという木の種類です。モンキーポッドはマメ科の植物で、学名ではサマネア・サマンと呼ばれています。別名でレインツリー、アメリカネムノキと呼ばれたりもしています。葉が傘のように大きく広がっている特徴的な形をしていて、日立の樹は樹齢約150年ともいわれていて巨大な樹木です。ベネズエラにも同じ種類の巨大なモンキーポッドがあり国宝に指定されているそうです。

迫力のある大きさ

この木なんの木は高さ25メートル以上、横幅40メートル以上の巨木です。幹回りは7メートル以上の太さでモアナルアガーデン内でも存在感があります。遠目から写真を撮ったりテレビCMで見たりするだけでは伝わらない迫力があり、樹齢130年以上の樹木のエネルギーを感じることができます。

美しいシルエット

この木なんの木と同じモンキーポッドの種類の木々を見ることがありますが、この木なんの木ほど大きく、またシルエットが美しい木を見たことがありません。カメハメハ5世のコテージが残っていることもあり、とてもスピリチュアルでエネルギッシュな場所で育ったこの木なんの木のシルエットは特徴的で美しいのであります。

テレビCMで有名な木を間近で見れる

日立のCMは長年にわたって放映されてきました。2019年現在流れている日立のCMは第9代目になっています。オアフ島のモンキーポッドの木は第2代CMのこの木なんの木で登場して、代替わりして6代目で再びCMに登場しています。長年CMで世界中の木々が登場していますが、最終的にオアフ島モアナルアガーデンのモンキーポットが第6代CMから現在の第9代CMまで登場しています。日立の公式サイトで歴代のCMを見ることができます。懐かしかったり、こんなバージョン見たことないと驚いたり、観光に行く前にCMを見てから行くとテンションが上がりますね。歴代のCMに登場している日立の樹をリストアップしてみました。1979年~1980年に流れていたCMにはハワイ島のマンゴーの木がこの木なんの木に抜擢されていたことがあったんですね。

歴代CMこの木なんの木/日立の樹
第一代CMアニメーション
第二代CM
1975~1979年
モンキーポッド(ハワイ・オアフ島)
第三代CM
1979~1980年
マンゴーの木(ハワイ・ハワイ島)
第四代CM
1981~1982年
バニヤンツリー(シンガポール)
第五代CM
1982~1984年
カリフォルニアオーク
(ロサンゼルス・オレンジカウンティ)
第六代CM
1984~1989年
モンキーポッド(ハワイ・オアフ島)
第七代CM
1989~2001年
モンキーポッド(ハワイ・オアフ島)
第八代CM
2001~2005年
モンキーポッド(ハワイ・オアフ島)
第九代CM
2005年~現在
モンキーポッド(ハワイ・オアフ島)

日立の樹基本情報

名称・木の名前
この木なんの木/日立の樹
種類
モンキーポッド
5月頃と11月頃の年2回花が咲きます
樹齢
約130年
大きさ
高さ:約25メートル/幅:約40メートル/胴回り約7メートル
日本語サイト(日立公式サイト)
https://www.hitachinoki.net
モンキーポッドの花
モンキーポッドの花

モアナルアガーデンズの6つの魅力と公園情報

カメハメハ5世が愛した別荘

カメハメハ5世の別荘

モアナルアガーデンズの一帯は元々カメハメハ王家の所有地で、1850年にカメハメハ5世の別邸が建てられました。別邸のコテージは度重なる修復を経て公園内に残っており、カメハメハ5世が休息していた小屋を見ることができます。ハワイの歴史を感じますね。

世界の植物と文化

チャイニーズシアター

1884年に王家よりこの土地を譲り受けたサミュエルデーモン氏により公園作りが始まりました。世界の様々な文化を取り入れ、園内を一般的に開放しました。その時にマンゴーやバニアンツリー、モンキーポッドなどが集められました。また、園内には日本庭園やチャイニーズシアター(東洋風の建物)も残っています。

オアフ島初のタロイモ畑

タロイモ畑

モアナルアガーデン内にはタロイモ畑があります。初めてオアフ島に渡ってきたハワイアンが食料の栽培を始めた場所だといわれいて、その名残で園内にはタロイモ畑が残っています。オアフ島発展の原点とも言える場所です。

パワースポット

鳥居のようなモニュメント

モアナルアガーデン内には鳥居のような形をした祭壇のような場所があります。綺麗に手入れされていてお花が供えてありました。神聖な雰囲気を持ち合わせた特別な公園です。

フラのイベントが開催されたりする伝統的な場所

モアナルアガーデン内のステージは芝生で覆われています

自然と融合しているかのようなステージがあります。毎年7月にはフラの復興に力を尽くしてくださったカメハメハ5世の功績を称えるためのプリンスロット・フラ・フェスティバルというフライベントが行われています。自然と融合した独特の雰囲気のあるステージです。

優雅なカモたち

池に生息するカモ
池に生息するカモ

モアナルアガーデンのタロイモ畑の隣にカモが生息している池があります。植物だけでなく生物がいる公園は癒し系のエネルギーを感じます。この木なんの木を見た後にカモのゆったりと泳ぐ姿で癒されてください。

公園情報

公園名
モアナルアガーデンズ(Moanalua Gardens)
住所
2850 Moanalua Road A, Honolulu, HI 96819
開園時間
AM 7:30 – PM 5:30
入園料
大人$5/子供(6歳から12歳)$3/6歳以下無料/カマアイナ$1/カマアイナ13歳以下無料
※カマアイナはIDの提示要
電話番号
(808) 834-8612
公式ホームページ(英語)
https://www.moanaluagardens.com

場所・行き方

モアナルアガーデンズの場所

モアナルアガーデンズはワイキキから車で20分ほどの距離にあります。ハイウェイのH1からH201へ分岐点をH201へ進みすぐ右側にモアナルアガーデンはあります。ハイウェイ沿いから公園のパーキングへ入りますので、タイミングを間違えると通り過ぎてしまいますのでご注意ください。

レンタカーでの行き方

ワイキキの中心にあるロミノハワイマッサージスクールからのモアナルアガーデンズへの行き方をGoogleマップで表示してみましたので、レンタカーで行く際にご利用ください。

H1とH201の別れ道に注意

フリーウェイ(H1)に乗り、West(西)へ進めばモアナルアガーデンズにはたどり着けるのですが、1か所だけ間違えてはいけない分岐点があります。ワイキキからH1を西へ進んて行きますと、H1とH201の分岐点があります。H1はAirport(空港)への道で、H201はFort Shafter Aieaへの道で標識にも大きく書かれています。進むべき道はH201です。H1へ進んで空港の方へ間違えていかないようにご注意ください。

H201に入るとすぐ左側がモアナルアガーデンズ

H201に入ると1分ほどで右側にモアナルアガーデンズが見えてきます。車線を一番右車線に移して進みます。H201の入り口と重なっていますので、車線変更にはくれぐれもご注意ください。

H201の右車線を進んでいきますとモアナルアガーデンへの入り口があります。H201沿いにあるのでびっくりすると思いますが、車線変更に気を付けて公園のパーキングへ入っていきます。

パーキングは40台~50台ほど駐車スペースがあります。今まで何度か来ていますが、十分なパーキングスペースがありますので、車をパーキングに止められなかったことはありません。タクシーやUberでも来れると思いますが、今回はレンタカーでの行き方をご紹介します。

バスでの行き方

交通機関のザ・バス3番のソルトレイク行きでモアナルアガーデンに行くことができます。バスで行く方は公式サイトで詳しく紹介されていますので公式サイトをご確認ください。→ザ・バスでの行き方

下車のバス停から少々歩きますし、土地勘がないと難しいのでハワイ初心者の方はレンタカーでパーキングまで行くほうがおすすめです。

日立の樹はどれ?

入口のギフトショップから見て手前から2番目のモンキーポッドの木がこの木なんの木

モアナルアガーデン内に入りますと、大きいモンキーポッドの木が4本ほど確認できます。どれがこの木なんの木なのか!?正解は手前から2番目です。写真で確認できる右から2番目の木がこの木なんの木の歌で有名な日立の樹です。

おまけ:ガーデンウェディング

最近ではモアナルアガーデンで挙式を上げるカップルもいるようです。カメハメハ王家の元所有地で日立のCMで有名なこの木なんの木を背景に壮大で開放感あふれるガーデンウェディングになりそうです。フォトウェディングだけもあるようなので記念日にドレスを着て写真に残すもの魅力的な写真が撮れそうです。日本語のウェディング専門サイトがありましたので運営会社も併せてご紹介します。

運営会社
LILYSEYE,INC.
所在地
1888 Kalakaua Ave, #C312 Honolulu, Hawaii 96815
設立
2012年12月5日
電話番号
808-445-6790
Eメール
info@lilyseye.com
公式ホームページ(日本語)
www.moanaluagardenswedding.com

まとめ

この木なんの木の奥には同じ種類の木が立ち並んでいます

日立のCMで有名なこの木なんの木(日立の樹)があるモアナルアガーデンの魅力は伝わりましたでしょうか?写真で見ている以上に心地が良い所です。旦那さんにも行ってみたいなと少しでも思ってもらえていることを願っています。もし、この木なんの木に行かれるようでしたら是非お二人のお写真をお送りいただけますと嬉しく思います。それでは、ハワイの旅を楽しんでいってください!

旅行中に疲れた時には出張ロミロ三専門店ロミノハワイでのご予約をお待ちしてます。ご予約をご検討いただけますとさらにうれしく思います。

ハワイ観光は癒しから!

出張ロミロミマッサージ

出張ロミロミ専門店「ロミノハワイ」は滞在先のホテルに資格を保持した日本人女性セラピストが伺います。疲れ知らずのハワイ旅行にするためにご利用ください。

顔や足のむくみを解消して、身も心も癒されてハワイを楽しむ方法