ハワイの観光スポット

ハワイに行くならサンドバーに行こう

ハワイにはさまざまな観光スポットがあります。中心となるのはホノルル空港のあるオアフ島ということになるのですが、中でもぜひ行っておきたいのがサンドバーです。 カネオヘ湾沖にある砂浜なのですが、天国の海や天使の海と呼ばれている人気の観光スポットなのです。現地のオプショナルツアーでは毎年予約が殺到する人気ぶりなので、早めの予約が必要になりそうです。

サンドバーはどこにある?

サンドバーはハワイ・オアフ島の北東にあるカネオヘ湾の沖にあります。カネオヘ湾はワイキキから車で30分ほど北東に進んだところにあり、カイルアビーチを挟んだ陸の反対側にある内湾です。観光の中心であるワイキキからそれほど離れてはいませんから、ぜひ行っておきたいスポットです。

カネオヘ湾は全米の中でも最長最大のサンゴ礁のある湾です。その湾内はサンゴ礁に守られて波も穏やかですし、海水も澄んでいてとてもきれいなのです。その沖にあるのがサンドバーなのですが、沖に浮かぶ島というわけではありません。干潮時にだけ現れる浅瀬なのです。ですから、いついってもあるわけではなく、干潮時という短い時間に限定されています。そのため、ツアーはサンドバーだけでなく、食事やマリンスポーツなどさまざまなものとの組み合わせということになります。サンドバーだけを楽しむのであれば、時間があまりに短すぎるということになってしまいます。

送迎に関しては行っているようですが、ワイキキの指定されたホテルがほとんどとなっているようです。これはツアーによっても異なっていますから、ツアーを比較してしっかりと確認しておいたほうがいいかもしれません。滞在先のホテルで送迎が行われているツアーがあれば便利ですから、ぜひ利用したですよね。

サンドバーに行く前に

サンドバーのあるカネオヘ湾は全米でも最長最大のサンゴ礁がある場所です。サンゴ礁があることでさまざまな海洋生物が生息できます。また、ウミガメの生息地としても最適なことから、世界中の研究機関から注目されている場所になります。その自然の美しさは人間が勝手にどうこうしてよいようなものではありません。 日本でも沖縄のサンゴ礁に関しての問題があるように、こういった自然は何とかして後世に残していかなければなりません。そのために注意しておくこともたくさんあるのです。

まず、何も残さないということが大切です。国内では花見やさまざまな行楽の後に残されるごみが問題となっています。ごみは当然ですが、何も残して帰らない。来た時の環境を維持して帰るというのはとても重要なことなのです。 また、自然のものに関しては傷つけたり、持ち帰ったりしないということも大切です。きれいだからといって何かを持ち帰るのは、自然を傷つけている、大げさに言えば破壊しているということになりかねません。環境の変化はそこに住み海洋生物にも変化を与えてしまうんのです。 サンゴ礁にダメージを与えてしまうと、サンゴ礁だけでなく、そのサンゴ礁に住み着いている魚などにも影響を与えてしまいますし、そこから広がってしまうのです。広い場所でちょっとだけと考えがちですが、そこに来るすべての人がそう考えてしまうと大変なことになってしまうのです。

自然保護区のルールなども参考にして自分がどうすべきかを一度考えて見るとよいかもしれませんね。

サンドバーの最も浅い場所に行くには

サンドバーといってもある程度広いエリアとなります。その中でも完全に白い砂浜が出てくる最も浅いエリアがあるのですが、そこではシュノーケリングではなく散歩をすることができます。ですが、全てのツアーでこの場所に行けるというわけではありません。ツアーによって違いがあるので、この白い砂浜に行きたいのであれば、ツアーを選ぶ必要があります。

特にダイビングとセットになっているツアーの場合、浅い場所でのダイビングはあり得ないですから最も浅い場所には行かない可能性が高くなってしまうのです。天使の海や天国の海といった名称が含まれているツアーの場合、最も浅いエリアへ行くツアーであることが多いようです。 というのも、営業可能なエリアが決まっているので、その最も浅いエリアでの営業許可を取っている業者でなければ、そこまで行くことはできないからです。年に何度もハワイを訪れているような人であれば、時間さえあればいつでも行くことができますが、一生のうちに1度や2度いった回数しか来ることの無い人は、ぜひ、最も浅いエリアで砂浜を散歩してみてください。白い砂浜を散歩しながら周囲はエメラルドグリーンの海といった光景は、日常とは全くかけ離れた夢のような世界なのです。

また、近年はさまざまなツアーが増えてきていて、サンドバーだけでなく、カイルアタウンやカイルアビーチ、ラニカイビーチを回るツアーなどもあります。いろいろな場所を回るツアーも含めて検討してみるといいかもしれません。天国の海に天使のビーチなど、絶対に見ておきたいスポットは一つだけではないのです。 サンドバークルーズでは船内での食事もついています。ツアーによって食事もさまざまですから食事の好みで選ぶのもありかもしれません。

サンドバーを目いっぱい楽しむ

サンドバーの白い砂浜を散歩できれば満足でしょうか。それだけではありません。海ですから砂浜だけでなく水中もしっかりと楽しんでおくとよいのではないでしょうか。満ち引きの関係で場合によっては干潮のタイミングが合わず、砂浜を歩くことができないこともあります。ですが、ツアーでは散歩だけでなくさまざまなアクティビティが用意されているものがほとんどです。

手軽に楽しむのであれば、シュノーケリングですね。サンドバーに生息するいろいろな魚を楽しむことができます。もちろん、ツアーにシュノーケリングが含まれているのであれば、確認は必要ですが、道具のレンタルも可能になります。自前で用意しても問題ありません。旅行前に購入しておいてもかまいませんし、現地調達も可能です。ハワイではおなじみのABCストアでもシュノーケリング用のグッズは販売されています。 ただし、マスクに関しては度の入ったものは事前に用意しておいたほうがよいでしょう。レンタルの場合でも、度付きのマスクのレンタルは行われていないようです。

浅場でのシュノーケリングの場合は問題ありませんが、深場になると水の逆流の対象法は練習しておいたほうがいいかもしれません。練習なら日本の海水浴場等でも手軽にできます。特に初めてシュノーケリングをする場合、事前に練習しておいたほうがよいかもしれません。いきなり水に逆流を経験するとパニックになってしまいがちです。足の届く場所ならよいのですが、足の届かない場所でパニックになってしまうと、足が届かないということでさらに恐怖感が加わり大パニックとなってしまい危険なのです。ですから危険防止のためにはしっかりと基本の練習はしておきましょう。頭では理解していても、経験しているかどうかで違ってくるのです。パニックになってしまうと、知識はあってないようなものなのですから。

少し高度になりますが、サンドバーではダイビングのついたツアーも用意されています。実はサンドバーでのダイビングは特別な許可のいるものとなっています。ですから、他のエリアのダイビングとは、また違った特別感を味わうこともできます。キッズ向けの水深2メートル以内の限定されたエリアでのダイビングなどもあり、お子さまでも楽しむことができるようになっています。

簡単に水中を楽しむのであれば、シーウォーカーと呼ばれる水中の散歩も楽しめるものもあります。もちろん水上でもさまざまなマリンスポーツを楽しむことができます。ジェットスキーやバナナボートなどさまざまなアクティビティが用意されているのです。サンドバー周辺の海を丸1日かけて遊び倒すということも可能ですね。 ですが、年末年始や夏休み、また、大型連休には予約が殺到するため、かなり早い時期から予約しておかないと定員となっていることが多いので注意しておきましょう。

ハワイ観光は癒しから!

出張ロミロミマッサージ

出張ロミロミ専門店「ロミノハワイ」は滞在先のホテルに資格を保持した日本人女性セラピストが伺います。疲れ知らずのハワイ旅行にするためにご利用ください。

顔や足のむくみを解消して、身も心も癒されてハワイを楽しむ方法