お役立ち情報

ハワイはチャーターで楽しもう

ハワイ旅行は自分で旅行に行くのと、ツアー等に申し込んで集団で行く場合に分かれます。もちろん、ツアーのほうは全て旅行会社が手配してくれるので、自分でいろいろとやらなければならない手間はありません。 ですが、その分自由度は少なくなるかもしれません。その分、現地のアクティビティなどは自分達だけでしっかりと楽しみたいですよね。そういった場合、チャーターすれば、家族や友人たちだけで楽しむことができるのです。

チャーターで自由時間を満喫する

ハワイ旅行ではツアーの場合、自由時間が限られているため、あまりあちこちを回るというのは難しくなります。特に移動に関しては、タクシーを拾ったり、路線バスであるザ・バスを利用したり、トロリーを利用したりするケースがほとんどです。

タクシーは乗車地点から目的地までは直行なのですが、拾うための待ち時間もあれば、何度も利用するため料金もばかになりません。 ザ・バスやトロリーは乗車可能場所と降車可能場所は決まっているのでそこまでの移動も考えなければなりません。さらに、目的地までは直行というわけにはいかず、途中で何度も停車して人の乗り降りが発生します。そうなると、目的地が近ければよいのですが、目的地が遠い場合は、途中に何度も停まるためかなり時間がかかってしまうのです。

自分の足のようにタクシーを利用できれば時間を有効に活用できるのです。その方法がタクシーのチャーターなのです。同じタクシーでもチャーターであれば、自分の車のように好きな時に乗り込み、好きな場所に移動できるのです。 同様にレンタカーでも好きなように移動できるのですが、ハワイと日本では交通のルールも異なります。最も大きな違いが通行レーンが右か左かで違います。また、借りることのできる車両も左ハンドルであり、慣れも必要です。ですから、レンタカーを利用するのはある程度ハワイの交通に慣れた人でなければ少し難しいかもしれません。

チャーターするメリットは?

まず、ハワイそのものを楽しむのであれば、トロリーやザ・バスを利用したほうがロコの雰囲気を味わうことができます。

ですが、一緒にハワイに旅行にきた家族に小さな子供がいたり、高齢者が居たりすると、乗り合いのバスよりはタクシーのほうが周囲に気兼ねもありません。 また、家族に車いすを利用する人が居たりする場合、乗り合いには参加できない場合もあります。 こういったケースではタクシーをチャーターすることで解決できるのです。

また、ハワイに来るのが初めてだったりすると、ザ・バスやトロリーではどこでどれに乗ればいいのかもわからないといったこともあります。ですが、タクシーであれば、しかもチャーターであれば、土地勘が全くなくても、すぐに乗車でき、目的地まで連れて行ってくれるのです。

何と言っても一番のメリットは自分たちのペースで行動できるという点です。ツアーであれば自由時間の制限というのはありますが、時間に縛られないというのが最も大きいのです。 他にもタクシーをチャーターする場合、運転手は日本語が話せる運転手となりますし、多くの場合、現地在住の日本人運転手なのです。もちろん、現地は精通していますから運転手でありながら、ガイドでもあるのです。

決まった場所ではなく、好きなところへ行けるのもタクシーならではです。もちろん、これはチャーターでなくても同じですけれど。

チャーターで利用できる車両はさまざまです。タクシーで考えると一般的なものはセダンですが、貸し切りの場合さまざまな車両で貸し切りができるのです。人数が多い場合はミニバンやミニバス、バストいったものも可能です。 また、豪華さで言えば、リムジンや高級スポーツカーなどさまざまです。もちろん、何をチャーターするかで料金は変わってくるのですが、豪華な車をチャーターすることも可能なのです。

チャーターはそれほど高くない

タクシーを貸し切るとなるとどうしても高いといったイメージがあります。もちろん、丸一日貸し切るとなると結構な金額となってしまいますが、基本的には1時間単位で貸し切ることになります。ただし、3時間からといった条件は付きます。ですから、必要な時間分だけのチャーターとなるので、思ったほど高くはなりません。

また、複数人での利用になると、頭割りになるので人数が多くなると意外と割安になってくるのです。バスやトロリーは一人当たりの金額ですから、人数が増えれば合計では高くなってしまいます。 タクシーのチャーターは定員があるため上限の人数が決まっていますが、その上限の人数で利用した場合には一人当たりの金額はかなり安くなるのです。

タクシーの利用においては、チップを払うというのがハワイを始めアメリカでは通例となるのですが、チャーターの場合は、そのチップも利用料金に含まれているので、別途用意する必要もないので、相場なども考える必要がないのです。

特に海外で日本人が困るのがチップの習慣です。心づけということではありますが、一般的にシチュエーションに応じた相場というものがあります。日本ではチップの習慣がないため、金額や渡すタイミングなどが難しいのです。

オプショナルツアーのチャーターを利用する

チャーターはタクシーやリムジンといった移動手段だけはありません。どんなものであっても貸し切りであればチャーターということになります。

移動手段以外の一般的なチャーターとしては、オプショナルツアーにおけるクルーズ船などのチャーターがあります。通常であれば、クルーズ船などは乗り合いのツアーとなっているのですが、1艘を貸し切ることも可能になっている場合があります。観光用のセスナなどのチャーターもあります。

もちろん、乗り合いとチャーターでは料金の単位が違ってきます。乗り合いの場合、一人当たりの料金ということになるのですが、チャーターではクルーズ船からガイドまで、一式の料金となります。一人でも貸し切ることは可能ですが、かなり割高になってしまいます。ですが、自分のためだけのクルージングと考えれば、かなり豪華なものということも言えますよね。

コストパフォーマンスを考えるのであれば、定員いっぱいの人数で貸し切るのがよいです。この場合、乗り合いに比べると1人当たりの料金は割安になってくるのです。家族やグループの人数ちょうどが定員のものをチャーターできれば理想的といえるでしょう。ただし、若干狭く感じることもあるので、定員より少し少なめの人数のほうがのんびりできる場合もあります。この辺りは好みの問題ということになりそうですね。

オプショナルツアーにはさまざまなものが用意されています。現地で探してもいいのですが、人気のツアーとなると予約でいっぱいになっています。ですから、日本を出発する前にいろいろと探しておいたほうがよさそうです。もちろん日本から予約できますし、チャーター可能なツアーの場合、チャーターありと表記されているので、問い合わせや確認の必要もなさそうです。

オプショナルツアーのチャーターのメリット

ツアーでチャーターを利用することのメリットは料金の問題だけではありません。確かに定員いっぱいでチャーターできれば安くつく場合が多く、それもメリットになります。ですが、安くつくといってもむちゃくちゃ安いというわけではありません。乗り合いよりちょっとだけ安い程度です。

実際に、チャーターすることのメリットは、家族や親しい友人たちしか居ないという点なのです。ただし、これは現地のオプショナルツアーを自分で申し込んだ場合ということになります。 旅行会社のハワイ旅行ツアーの中には現地のオプショナルツアーが組み込まれたものもあります。この場合、旅行会社がすでにチャーターしている場合もあります。この場合は、チャーターでありながら乗り合いのような感じとなってしまうのです。

ですが、個人でチャーターした場合は、周囲に何の気兼ねもなく、そのオプショナルツアーを存分に楽しむことができるのです。これがチャーターの一番のメリットと言えそうです。

また、チャーターした場合は、専用の車両が送迎してくれるのでよほどの場所でなければきちんと送り迎えもしてくれます。特定の場所に集合して迎えを待つよりはこのほうが移動もかなり楽ということになりますよね。

ハワイでの観光は癒しから!

出張ロミロミマッサージ

出張ロミロミ専門店「ロミノハワイ」は滞在先のホテルに資格を保持した日本人女性セラピストが伺います。疲れ知らずのハワイ旅行にするためにご利用ください。

顔や足のむくみを解消して、身も心も癒されてハワイを楽しむ方法