お役立ち情報

ハワイ旅行にかかる旅行費ってどれくらい必要?

人気の海外旅行先といえば、やっぱりハワイですよね。新婚旅行や家族旅行、卒業旅行先など、いろいろなシーンでハワイ旅行を考えることでしょう。 一度も行ったことがない場合、気になるのはやっぱりハワイに行くための旅行費です。いったいどれくらいお金を用意しなければならないのか、気になるところです。少しでも費用を安くできないか、いろいろチェックしている人も多いのではないでしょうか。そこでハワイに行くために必要となる旅行費について、ご紹介します。

出発前に必要な費用

ハワイ旅行に必要となる旅行費は時期や出発日、航空会社によって異なりますが、一般的な相場は、4泊6日か5泊7日で30万円から50万円程度とされています。 日本で先に支払っておく費用と、現地で使う費用が必要になってきます。まずは出発前に必要になる費用について説明します。

飛行機代

最初に必要になってくるのが航空費です。日本からハワイまでの渡航費は往復で5万円から8万円程度ですが、そこに空港使用料や燃油サーチャージ、米国入国税や航空保険特別料金などがかかってきますので、合計すると約10万円前後になります。 どの航空会社や旅行会社を選ぶかで費用は変わってきますが、日本の航空会社より海外の航空会社のほうが割安なことが多いようです。 また、利用するシーズンによって値段は変わってきます。年末年始やお盆休み、ゴールデンウイークなど、利用客がピークになるシーズンは料金も高くなります。 また、ビジネスやファーストクラスを利用すると、それだけ料金も割高になります。ビジネスだと20万円前後、ファーストクラスだと40万円前後の費用が必要になります。

宿泊費

現地のホテルも事前に予約が必要なので、宿泊費が必要になります。ツアーの場合はホテルと航空費がパックになっている商品も多いので、先に支払いをする必要があります。 個人で予約する場合はインターネットで予約をしますが、事前払いと現地払いのどちらかを選ぶことができます。ホテルによっては、1泊分の宿泊費を事前に払わなくてはならない場合もあります。 早めに予約した場合やインターネットから予約した場合、割引してくれるホテルもありますので、事前にチェックしておきましょう。

気をつけなくてはならないのが次。ホテル代にはリゾートフィーや税金が必要になりますので、宿泊費が安い場合でも、トータルの支払いは高くなってしまうことがあります。 予約をする際には税金やリゾートフィーが含まれた料金なのか、含まれていないのかを確認しましょう。 また、キャンセルする場合はキャンセル料が発生します。いつからキャンセル料が発生するのか確認することと、ホテルによってはキャンセル不可となっているものもありますので、注意が必要です。

ESTA申請費

アメリカに入国する際に必要になるのが、電子渡航認証システムのESTAです。ビザがなくても入国できるシステムですが、事前にインターネットからの申請が必要です。ESTAに登録すると、90日以内ならビザを取得せずに観光することができます。 ESTAの申請は公式サイトから行えます。料金は14ドルでクレジットカード、またはPayPalで支払えます。 旅行費をなるべく抑えたいなら自分で申請したほうが良いですが、パソコンから英語で入力しなくてはいけませんので、英語が苦手な人やパソコンが苦手な人は、旅行会社や代行業者に依頼したほうが良いでしょう。 代行手数料と申請費を合わせて7,000円程度なので、自信がない人は依頼するようにしましょう。

ESTAの申請は出発の72時間前までですが、申請の回答が保留になると最終回答が72時間後になることもありますので、早めに申請するようにしましょう。 ESTAは有効期限が2年間となっていますので、以前申請したことがある場合は、ハワイに行く前に有効期限切れになっていないか早めに確認しておきましょう。

海外旅行保険費

海外旅行の最中に病気やケガをして病院に行った場合、高額な医療費を払って診察を受けなければなりません。ハワイでは医療費が全額負担なので、もし病院にお世話になることがあると、高額な医療費が発生します。 海外では思いがけないトラブルに遭遇することも多く、その場合は多額の賠償金の支払いがなされることもあります。また、盗難にあう可能性もありますので、海外旅行保険に加入する必要があります。 最近ではクレジットカードのサービスとして、海外旅行保険が付いているものもありますが、補償範囲が限られていますので、自分の希望する補償が適用されているかチェックし、足りていないようであれば海外旅行保険に加入したほうが良いでしょう。 海外旅行保険は空港で手続きができますので、旅行の当日に加入できます。

現地で必要な費用

ハワイで使うお金がどの程度必要なのか、ある程度計算しておきましょう。両替をどれくらいするかにも関わってきますので、事前に算出しておくことが必要です。

食事代

ハワイでの楽しみの一つといえば、食事です。ハワイの飲食店は観光客が多いため、料金が高めに設定されていることが多いようです。 朝食で10ドル前後、ホテルのビュッフェだと30ドル前後必要になります。夕食は30ドル前後ですが、高級レストランや有名店に行くと70ドル前後かかることもあります。 ドリンクやアルコールを注文すると、さらに食事代がかかりますので、少しでも節約したい場合はドリンクは控えるようにしましょう。 ハワイでの食事代は日本の観光地と同等、または少し高額になる感覚で計算すると良いでしょう。

お土産代

ハワイでお土産を購入する人も多いですが、とにかく価格が高いことに驚くかと思います。特にワイキキで購入する場合、お土産代も高くつきます。 ハワイ旅行から帰った際は、多くの友人や知り合いにお土産を渡さなくてはならないことも多いため、なるべくお土産代は節約したいものです。 お土産を購入する場合、ワイキキ以外で購入したり、アウトレットを利用するなど工夫すると、かなり抑えることが可能になります。

交通費

家族でコンドミニアムに宿泊

現地での交通費はツアーで参加するか、個人で行くかで大きく変わってきます。パッケージツアーで参加した場合、空港からの送迎は無料でトロリーのフリーパスを利用できますので、それほど交通費は必要になりません。 しかし、トロリーの範囲外のエリアへ行く場合は、レンタカーやバスを使用することになりますので、その分の交通費が必要になります。 いろいろな観光スポットに行く場合は、トロリーやザ・バスを使用すると交通費を抑えることも可能です。 時間を気にせず自由に移動したい場合や、長距離を移動する場合はレンタカーがおすすめです。小型なら24時間で100ドル前後で借りることができますので、人数が多い場合はレンタカーを利用したほうが割安なこともあります。

オプショナルツアー代

ハワイ旅行ではシュノーケリングやドルフィンスイム、クルージングやホエールウオッチングなど、さまざまなアクティビティのオプショナルツアーを申し込む人がほとんどです。 事前に申し込むことも可能ですが、現地のカウンターで申し込むこともできます。ただしアクティビティによっては、当日の手配ができないこともありますので、事前に調べておきましょう。 スカイダイビングやパラセーリングなど、日本ではなかなか体験することのできないアクティビティも多いので、旅行前に下調べをしておくと良いでしょう。 オプショナルツアーはツアーやアクティビティごとで料金は異なりますが、5,000円から2万円程度が目安になります。

まとめ

ハワイへの旅行費は、個人手配よりパッケージツアーのほうが高くつきそうに思えますが、選び方次第では個人手配のほうが高くなってしまうこともあります。また、個人手配は自分で予約したり航空券やESTAの申請をしたりと、何かと労力もかかります。時期によっては個人手配よりパッケージツアーのほうが安くなることもありますので、しっかり比較検討して選ぶようにしましょう。

ハワイ観光は癒しから!

出張ロミロミマッサージ

出張ロミロミ専門店「ロミノハワイ」は滞在先のホテルに資格を保持した日本人女性セラピストが伺います。疲れ知らずのハワイ旅行にするためにご利用ください。

顔や足のむくみを解消して、身も心も癒されてハワイを楽しむ方法