ハワイの観光スポット

ハワイでシュノーケリングを楽しもう

せっかくハワイに行くのであれば、やはり、海中もしっかりと満喫しておきたいですよね。きれいなサンゴやカラフルな魚もしっかりと間近で観察できますし、大人から子供までだれても手軽に楽しめるシュノーケリングはぜひともやっておきたいアクティビティです。 日本では水族館でしか見られないような魚も自然の中で観察することができますし、運がよければウミガメに出会うこともできるようです。

ハワイのシュノーケリングのおすすめスポット

ハワイは島ですから、その周辺であればシュノーケリングが可能ということになります。ですが、いくつかのおすすめスポットがあります。やはり中心はホノルル空港のあるオアフ島ということになります。

まずはワイキキビーチですね。ハワイへの観光旅行であれば、必ず立ち寄りたいビーチで、多くの観光客でにぎわっています。ビーチ沿いの有名ホテルも多く、ワイキキのホテルに滞在しているのであれば、アクセスが最も簡単なビーチなのです。このワイキキビーチでシュノーケリングを行うのであれば、アウトリガー・ワイキキ・オン・ザ・ビーチ前の桟橋付近がよいようです。シュノーケリングがメインではなく、いろいろと楽しめるスポットとなっています。

ワイキキビーチ

ワイキキビーチとホノルル空港の間に位置するアラモアナビーチは、遊泳が中心のビーチではありません。リーフがあるため、波が穏やかであることが特徴となっていて、リーフの内側を家族でシュノーケリングを楽しむことができます。

アラモアナビーチ

本気でシュノーケリングを楽しむのであれば、ハナウマ湾ということになりそうです。シュノーケリングおよびダイビングのスポットとしてかなり有名な場所です。ウミガメが波打ち際まで現れることもあるようで、シュノーケリングでもウミガメと出会える可能性は高そうです。シュノーケリングの道具に関しては、レンタルショップがあり、そこでレンタルが可能になっています。

ハナウマ湾

アメリカ1のビーチとも呼ばれるラニカイビーチもおすすめですね。ワイキキビーチのように整備されたビーチではないのですが、その景観が素晴らしくきれいなのです。天国のビーチとも呼ばれているのです。ただし、魚は少なめのようです。すぐそばにカイルアビーチがありますが、こちらは整備されたビーチとなっています。

ラニカイビーチ

オアフ島の北西部にあるラニアケアビーチはウミガメと会うことのできる確率が凄く高いビーチです。ホノルルからはかなり離れていますが、どうしてもウミガメを見たいという場合は、このビーチまで時間をかけてでも来るべきかもしれません。それほどの確率でウミガメを見ながらシュノーケリングができるのです。

シュノーケリングの道具を用意しよう

シュノーケリングをするには道具が必要になります。スポットによってはレンタルが可能ですが、そうでない場合は自前で用意して持参しなければ楽しむことができません。 まずはマスクですね。これは水泳で使用するゴーグルのようなものですが、ゴーグルと比べると大きく、鼻までカバーされています、また、メガネは使用できないのでコンタクトレンズを使用するか、度のついたマスクを使用することになります。シュノーケルも欠かせない道具ですが、マスクとセットになっていることが多いです。もちろん、別々のものもあります。

脚に装着するフィンもシュノーケリングのための道具です。なくてもシュノーケリングはできますが、あると水中での推進力が全く違ってくるので、ぜひ用意しておきたい道具になります。 日焼け対策を考えれば、ラッシュガードも用意しておいたほうがよさそうです。日焼けの防止はもちろんですが、岩場などでのシュノーケリング時にけがからも身体を守ることができます。

また、シュノーケリング用のベストもあるのですが、これがあれば、自然に水面に浮かんだ状態になることができるので、泳ぎが得意でない人や初心者はあったほうがいいかもしれません。

道具を揃えるのはそれほど大変ではありません。旅行前に準備しておいてもよいですし、現地でレンタルができればそれでもかまいません。現地で購入しても問題ないでしょう。実際にハワイで有名なコンビニエンスストアのABCストアでもシュノーケリング用品は販売されています。セットを購入すれば簡単ですね。

手軽にシュノーケリングを楽しむならツアーもある

ハワイで手軽にシュノーケリングを楽しむのであれば、あるいは子供連れならツアーに参加するというのもありではないでしょうか。いろいろなツアーが用意されていて半日程度楽しむことができるようになっています。基本は現地集合となりますが、ツアーによっては指定のホテルまで迎えがあるようです。宿泊しているホテルで送迎があるのであれば、ツアーを利用するのも良さそうです。現地までの移動の手間がかかりませんしね。 基本的には午前中のツアー、午後のツアーに分かれているようです。

シュノーケリングは個人で行くのも問題ないのですが、場所によっては大変な場合もあります。そういった場合は、ツアーを利用するというのも一つの方法となります。特に初めてのシュノーケリングとなると、ツアーであればガイドさんもついているので安心して楽しむこともできそうです。 さらにツアーであれば用具は用意してくれている場合がほとんどです。もちろん事前にしっかりと必要なものなどは確認しておきましょう。水着は事前に着用となっている場合がほとんどです。

シュノーケリングのツアーで注意したいこと

ハワイでのシュノーケリングとなると国内のものとはまた事情が少し違ってきます。個人で行うシュノーケリングの場合、全て自分、もしくは自分たちで準備をして実際にシュノーケリングを行うだけですが、ツアーに参加するとなるといろいろと考えなければならないこともあります。

まず、チップについてということになります。アメリカでは当たり前のものですが、日本人にはなじみのない文化です。ですが、こういったことも理解し慣れていかなければ好まれざる観光客ということになってしまいます。近年はチップも込みの料金としているところが増えてきてはいるのですが、それでもまだ全てがそうというわけではありません。シュノーケリングのツアーの場合は、チップは別途必要になる場合がほとんどです。 シュノーケリングのツアーの場合、チップは料金の10パーセントから15パーセントといったところでしょうか。参加人数によって調整するのがよさそうです。参加者が少なければ多めのパーセンテージとし、参加者が多ければ少なめのパーセンテージでもよさそうです。

一般的には満足度や気持ちといったことで考えるようですが、チップの習慣のない日本人にとっては、何かしっかりとした基準があるほうがよいのかもしれません。ガイドブック等にチップについて書いてある場合はしっかりと確認しておきましょう。 初心者の場合、シュノーケルの使い方はしっかりと知っておくことが大切です。シュノーケルは呼吸のための道具なのですが、水が逆流することがあります。正しい対処法を知っていればどうということはないのですが、初心者の場合、パニックになってしまうことがあるそうです。足の着く場所でならまだいいのですが、足の届かない場所だと、余計に恐怖を感じて大きなパニックになってしまうのです。 ですから最初は、足の届くところで逆流に対応する練習をしておいたほうがよいでしょう。

女性ならではの問題として生理というのがあります。こればかりはどうしようもない部分ですが、生理でもシュノーケリングは可能なのかという疑問もあります。経血にサメがよってくるのでは?といったことも考えるでしょう。 結論から言えば、生理中でもシュノーケリングは可能です。ただしきちんと対策をすることは必要です。タンポンとナプキンを併用すれば問題なさそうです。また、漏れた時のことを考えると、水着は濃い目の色のものにしておくのがよさそうです。

また、サメについてですが、サメのいるポイントでは生理に関係なく危険です。サメのいない場所を選んで楽しみましょう。

ハワイでの観光は癒しから!

出張ロミロミマッサージ

出張ロミロミ専門店「ロミノハワイ」は滞在先のホテルに資格を保持した日本人女性セラピストが伺います。疲れ知らずのハワイ旅行にするためにご利用ください。

顔や足のむくみを解消して、身も心も癒されてハワイを楽しむ方法