ハワイのグルメ

ハワイでステーキならウルフギャング・ステーキハウス

ハワイにはローカルな食事がいろいろあります。食べたことはなくてもいろいろと知っている人も多いですよね。ロコモコやパンケーキなどさまざまです。ですが、忘れてはいけないのがハワイアンステーキではないでしょうか。おいしいステーキを食べられるというのもハワイならでは魅力と言えそうです。 ハワイにはステーキの名店も多いのですが、その中の一つにウルフギャングがあります。ハワイに来たのであれば、一度は食事しておきたいステーキハウスです。

ウルフギャングはハワイのどこにある?

ウルフギャング・ステーキハウスは日本にも六本木、丸の内、大阪、福岡に店舗を持っているので、日本国内でも食べたことがあるという人もいらっしゃるでしょう。もともとは2004年にニューヨークで発祥したステーキハウスで、本店はニューヨークにあります。 ハワイではワイキキに店舗を持っています。場所はロイヤルハワイアンセンターの3Fです。ワイキキのカラカウア通りのど真ん中にあるので、ハワイ旅行をしたことがある人であれば、誰でも一度はその前を通ったことはあるでしょう。 実際にロイヤルハワイアンセンターの3Fに上がると、予約を待っている人の人だかりができているのですぐにわかるでしょう。それほど人気の店となっているのです。場所的にもワイキキのど真ん中ということもあり、観光客にとってはロケーションもばっちりといったところでしょうか。多くの観光客がワイキキに宿泊すると思われますから、近くて便利な高級レストランということになります。

日本の店舗がテレビ等で取り上げられることもあり、食べたことはなくても知っているという人も多いのではないでしょうか。せっかくですから、しっかりとハワイのお店でステーキの味を堪能しておきましょう。

営業時間は11:00から23:30となっており、ランチタイムも営業しているので、ビーチで遊んでランチをウルフギャングでといったことも可能になります。ランチタイムは15:30まで、それ以降はディナータイムとなります。

また、ウルフギャングではドレスコードが設定されています。公式サイトによると、「スマートカジュアル」になっており、「男性のタンクトップ、サンダルでのご利用はお控え下さい。」と注釈がつけられています。ですから、ウルフギャングで食事をする際はあまりラフすぎる格好ではだめということになるので、お店に行くときは服装に注意する必要がありそうです。ビーチからそのままランチに行くにしても最低限の格好は用意しておかなければなりません。これはハワイに限らず、どこの高級レストランでも同じようにドレスコードが設定されているのです。要件を満たしていない場合は、入店を断られるので注意しましょう。

店名
ウルフギャング ステーキハウス(Wolfgang’s Steakhouse)
住所
2301 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815
電話番号
(808)-922-3600
営業時間
11:00~23:30
ホームページ
http://wolfgangssteakhouse.jp/waikiki/

ウルフギャングでの食事には予約は必要?

人気店ということもあり、確実に食事をするには予約はしておいたほうがよいでしょう。ランチ・ディナーともに予約をしておかなければ、店に行っても待ち時間が凄いことになってしまうこともありそうです。特に週末は確実に予約が必要となりそうです。

予約の方法としては、ビーチで遊ぶ前に店に寄って予約をするという方法もあります。ただし、すでに予約でいっぱいになっているということもあるかもしれません。もちろん、当日の予約が無理であれば、他の日を考えてみてもいいかもしれません。滞在日数が短い場合は、日本を出る前に予約をするという方法もあります。お店の公式のホームページから予約をすることができます。店舗そのものが予約を受け付けているというわけではなく、外部のサイトで予約を行うようになります。もちろん、日本語のページなので問題なく予約の申し込みはできるでしょう。

他にも現地のオプショナルツアーでも予約は可能になっています。この場合、チップも込みの料金となっているのでチップについては考える必要はなさそうです。ですが、オプショナルツアーの代金が含まれているため少し高くなっています。また、コースとなっているので、あまり食べられないという人は個人で席だけ予約しておいたほうが無難かもしれません。ランチであれば、サンドイッチやハンバーガーのプランもあるので、リーズナブルな価格で楽しむこともできます。 また、旅行会社経由の予約というのもありますから、いろいろ比較して自分に合う予約方法を考えて見ましょう。

クーポンなども用意されているので、クーポンを取り扱うサイトから対象のクーポンを印刷しておきましょう。スマホでの画面掲示でも問題ないようです。現時点でのクーポンとしてはメインメニューを1品注文すると、オリジナルのデザートがプレゼントされるものとなっています。

ウルフギャングでオススメのメニュー

ウルフギャングにはいろいろなメニューがありますが、これだけは食べておきたいといったオススメのメニューがあります。それはプライムステーキです。お店の看板メニューにもなっているもので、せっかくウルフギャングに来たのであれば、ぜひ食べておきたいメニューとなっています。2人用から4人用まで選ぶことができるので、数人で注文するのがよさそうです。 もちろん、サーロインステーキやリブアイステーキ、ポーターハウスステーキも人気のメニューとなっています。

ただし、日本のステーキハウスとの違いを考えておく必要があります。要は、1人前が多いという点です。これはウルフギャングに限ったことではなく、ハワイ全体、いや、アメリカ全体で共通に言えることなのです。サラダだけでもかなりの量がありますから、コースで1人前となるとかなりの量になってしまいます。食べきれないことも考えておかなければなりません。

もし1人での利用であれば、そのことを考えて抑えてオーダーする必要がありますし、複数人での利用であれば、みんなで一緒に食べるくらいの感覚でいたほうがいいかもしれません。アメリカのメニューの1人前の量なので、日本人からするとかなり多いといった印象を受けるでしょう。もちろん個人差があり、平気で食べる人もいるので一概には言えないですけれど、ネット検索で口コミや利用者のブログなども参考にしておくとよいかもしれません。

とはいえ、残った分は持ち帰りも可能なので、ホテルの部屋に戻ってから食べるということもできるようになっています。持ち帰り用の容器はお願いすれば持ってきてもらえます。サーバーが料理を下げて箱に詰めて持ってきてくれることもあるようです。

ウルフギャングでお得に食事をするには

ウルフギャングでの飲食に関してはランチとディナーに分かれます。この境は15:30となるのですが、ウルフギャングではもう一つハッピーアワーという時間帯があります。11:30から18:30までがハッピーアワーとなります。ランチとは時間帯は丸かぶりになっています。

ハッピーアワーというのは幸せな時間ということなのですが、基本的にはカウンター席のみとなり、予約はできません。先着順に並んで座るということになります。ここまでだと、幸せなことはなにもないのですが、ハッピーアワーには専用のメニューが用意されていて、ランチやディナーと同じものであっても価格が低く設定されているのです。例えば、ドラフトビールが通常は7ドルのところが5ドルに設定されているといった感じです。

これはお酒を飲むに人にとっては幸せな時間ということになりますよね。そのため、ハッピーアワーの順番待ちをしている人が多いのです。場合によっては1時間から2時間も待っているといったこともあるようです。限られた席数ということもあり、予約もできませんから並ぶのはどうしても仕方のない部分となります。また、ハッピータイムのラストオーダーは18:30となるので、その時点で並んでいる人は残念ということになります。これは2時間並んでいても時間が来てしまうとだめということになります。ですから、並ぶかあきらめるかを判断しなければなりません。どうしてもという場合、早めに行かなければならないということです。

ハワイ観光は癒しから!

出張ロミロミマッサージ

出張ロミロミ専門店「ロミノハワイ」は滞在先のホテルに資格を保持した日本人女性セラピストが伺います。疲れ知らずのハワイ旅行にするためにご利用ください。

顔や足のむくみを解消して、身も心も癒されてハワイを楽しむ方法