ハワイのグルメ

ハワイに行ったら食べたい!ハワイアンフード/ハワイ料理を代表15種類紹介

ハワイアンフード・ローカルフード

ロミノだより編集部です。旅行に行けばその土地の伝統的な郷土料理を食べて、訪れた土地の食文化も楽しみたいものです。ハワイアンフードといえば、ポキやガーリックシュリンプが有名ですが他にもロコモコ、マラサダ、ラウラウなどハワイのローカルフードとして根付いているハワイ料理があります。こちらの記事ではどんなハワイアンフードやハワイ料理があるのかを紹介します。ハワイ旅行中の食事選びの参考にしていただけますと嬉しく思います。

ラウラウ

ラウラウ、ロミロミサーモン、カルアピッグ入りのハワイアンプレート
カルアピッグ(左)/ロミロミサーモン(中央)/ラウラウ(右)

ラウラウはハワイ固有の植物のティーツリーの葉っぱ(ティーリーフ)とタロイモの葉で、豚肉や鶏肉などを覆い、蒸して作るハワイの郷土料理です。本来は熱した石と一緒に地中に埋めて蒸し焼きにします。電気やガスが発達した現代では土に埋めたりはしていませんが、オーブンでラウラウを作ります。タロイモの葉の代わりにバナナの葉を使ったりします。ティーリーフに包まれた中身の肉はホロホロ柔らかくなり、こちの中で溶けるように美味しく頂けます。お店によって味が違い、食べ比べをしてみたいハワイアンフードです。

カルアピッグ

カルアピッグは豚を地中に埋めて蒸して作りますが、ラウラウと同様に近年ではオーブンで調理します。ハワイアンソルト等で味付けをした豚肉をオーブンを使って蒸し焼きにした後に、豚肉をホロホロろほぐして、シーチキンのようにしていきます。塩加減によってカルアポークの味が決まります。様々なお店やレストランでハワイ料理として食べることができます。キャベツと混ぜていやめたカルアピッグキャベッジというメニューとしても販売されています。

ロミロミサーモン

ロミロミサーモンはハワイアンが食べていたサラダです。ハワイアンソルトを振った生のサーモンにサイコロ上に切ったトマトやマウイオニオンを混ぜて作ります。ハワイアンプレートと称して、前述したラウラウやカルアピッグと一緒に出てくることの多いハワイアンフードです。

オックステールスープ

オックステールスープ
オックステールスープ

オックステールスープはハワイのローカルに根付いているローカルフードです。ぶつ切りにしたオックステール(牛のしっぽ)を煮込んで作るスープで、肉がホロっととれるくらいまで煮込みます。生姜と醤油に付けて食べるローカルが多く、オックステールスープで有名なカピオラニコーヒーショップいは各テーブルに、すり生姜と醤油が置いてあります。

ロコモコ

ハワイアンフード/ハワイ料理のロコモコ
グレイビーソースが特徴的なロコモコ

ロコモコはハンバーグと目玉焼きを乗せてグレイビーソースをかけたどんぶりです。ハワイ島に住む日系二世が開発したといわれていて、多くのローカルに愛され続けているローカルフードです。グレイビーソースは肉汁から作るソースで、日本でよく見かける目玉焼きハンバーグとはソースが違います。ハワイならではでグレイビーソースでロコモコを味わってみては?

フリフリチキン

フリフリチキン
フリフリチキン
ハワイアンフード・ローカルフード
くるくると回るフリフリチキン

フリフリチキンは炭火の上でじっくりと回しながら焼き上げたチキンの丸焼きです。ハワイ語でフリフリとは、くるくる回すという意味があり、直訳するとくるくる回る鶏肉となります。ハレイワのフリフリチキンが有名で、ノースショアに行くと必ず食べるというフリフリチキンファンも多いのでは?

ポキ

ポキ
ハワイのまぐろ料理「ポキ」

ポキはマグロの保存食として考案されたとされていわれています。現在では郷土料理としての地名語が高く、ポキ専門店が多く存在しています。マグロをぶつ切りにしてごま油とあえて、醤油やオイスターソースなどで味付けされたりします。スパイシーポキやワサビポキなど辛めの味付けがローカルには人気です。ロミノハワイマッサージスクールの生徒さんに食べ比べをしていただいた記事がありますので合わせてご覧ください。

サイミン

サイミン
ハワイのラーメン「サイミン」

サイミンはハワイの麺料理です。エビだしのスープにネギやチャーシューをあえて食べるサイミンはローカルの間でも人気のハワイ料理です。多くのサイミン専門店があり「TANAKA」や「SHIGE」など日系人の名前がお店の名前になっていることが多いです。ハワイに移民してきた日系人が考案したサイミンは今では多くローカルに愛される郷土料理として食されています。

ガーリックシュリンプ

ガーリックシュリンプ
カフクシュリンプを使ったガーリックシュリンプ

ガーリックシュリンプはオアフ島ノースショアのカフク地域で盛んになったエビの養殖で育ったエビを使ったローカルフードです。ジョバンニが養殖エビを使ったランチワゴンを出店して以来、多くのエビ屋台が誕生しました。現在では8店舗以上のお店がフードトラックで、それぞれのこだわりと味付けでガーリックシュリンプを販売しています。

マヒマヒ

マヒマヒ
白身魚のマヒマヒ

マヒマヒは日本ではシイラと呼ばれている白身魚です。ムニエルにしたり、塩焼きにしたり、ローカルのプレートランチで食べることができます。

モチコチキン

モチコチキン
モチコチキン

モチコチキンはその名の通り餅粉を使ってあげたチキンです。唐揚げに似た見た目ですが餅粉を使ってあげているのが特徴です。ハワイのローカルでは餅粉を使って揚げ物をする文化があり、モチコチキンとして広まっていきました。

マラサダ

マラサダ
マラサダ

マラサダはポルトガルから渡ってきた料理といわれています。ハワイの定番スイーツ(おやつ)で揚げパンのようです。ハワイにはマラサダの専門店も多く、レナーズやカメハメハベーカリーがマラサダで有名です。

アサイボウル

アサイボウル
アサイボウル

アサイボウルはブラジルアマゾン原産のアサイーをシャーベットにして新鮮なフルーツを乗せたハワイで有名なスイーツです。甘さの中に酸っぱさを兼ね備えていて、アンチエイジングに効くといわれています。カフェやコーヒーショップなどサなままなところでハワイのデザートとしてアサイボウルを食べることができます。

シェイブアイス

シェイブアイス
シェイブアイス

シェイブアイスとは日本でいうところのかき氷の事です。日本で食べるかき氷に比べると氷が細かくふわふわしています。ノースショアのマツモトシェイブアイスが有名ですが、ワイキキの近くにあるワイオラシェイブアイスも有名です。小豆やモチなどもトッピングであり、日本の文化も垣間見ることができます。

まとめ

14種類のハワイアンフードをまとめて紹介してみましたがいかがでしたでしょうか?ハワイ料理を食べて、胃袋も楽しいハワイ旅行になりますように願っています。

ハワイでの観光は癒しから!

出張ロミロミマッサージ

出張ロミロミ専門店「ロミノハワイ」は滞在先のホテルに資格を保持した日本人女性セラピストが伺います。疲れ知らずのハワイ旅行にするためにご利用ください。

顔や足のむくみを解消して、身も心も癒されてハワイを楽しむ方法