お役立ち情報

ハワイ旅行を満喫したいならガイドブックを持って行こう

ハワイ旅行に行くときに役立つのがガイドブックです。初めてハワイに行く場合、おすすめのお店や観光地などが分からないものですが、ガイドブックにはハワイの特徴や観光スポット、ショッピングやグルメ情報などが満載で、現地で困ったときに大いに活躍してくれます。 最近ではインターネットで情報を得られるため、荷物になるからガイドブックは必要ないと考える人もいますが、海外ではインターネットにつながらないこともあるため、必ず持って行きたい持ち物の一つです。 そこで今回は、ハワイに行くときどのようなガイドブックを持っていけば良いのか、ご紹介します。

ガイドブックのメリットとは

ガイドブックに掲載されている情報は確かなものとなるため、安心して観光やお店に行くことができます。 インターネットにはハワイの情報がたくさん載っていますが、オフィシャルなもの以外は信頼性が低いため、鵜呑みにすると現地で大変な目にあってしまうこともあります。 地図情報があいまいだったり、現地までのアクセスなども確実でないため、ネット情報を信じてハワイで観光すると、トラブルに巻き込まれてしまうこともあるでしょう。 また、ネットの情報はいつのものなのか分からないことも多いため、正確性に欠けています。ガイドブックの場合は巻末に発行日が記載されているため、いつの情報なのかすぐに確かめることも可能です。

ガイドブックはその国の地図が付いているため、その日の移動スケジュールを把握するときなどに役立ちます。スマホで確認すると地図が小さすぎたり、スクロールしながら位置を確認するため、位置関係を把握しづらいこともあります。 海外に行った場合、インターネットがつながらない環境も少なくありません。飛行機の中でもつながらないことが多いため、渡航中に観光の計画をたてることもできません。 その点、ガイドブックの場合、どこでもすぐに開くことができるので、ネット環境を気にせず観光予定をたてることができます。

ハワイに行ったとき、自分では絶対に行かないと思っているような場所でも、ガイドブックに掲載されている情報を見て興味を持ち、新しいお店やアクティビティにチャレンジすることもあります。 ネットだと自分が興味を持ったものしか見ませんが、ガイドブックは読んでいるうちに自然といろいろな情報が目に入ってくるため、これまで行かなかったような新しい場所へと導いてくれます。 また、英語力に自信がない場合も、ガイドブックは役立ちます。目的地までの行き方や、バスの路線、お店の情報などすべて日本語で書かれているので、現地で誰かに英語で話しかけて聞く必要もありません。 ガイドブックにはその国の危険な場所や立ち寄らないほうが良い場所なども記載されていますので、間違って危険な場所に立ち入ることも防げます。ハワイは比較的治安の良いところですが、それでも治安の悪いエリアはありますので、事前にガイドブックでチェックすることもできます。

持ち歩きに便利な小さいガイドブックを選ぼう

ハワイ旅行に行くとき、なるべく情報の詰まったガイドブックを持っていこうとすると、大きなサイズや厚みのあるガイドブックを購入しなくてはなりません。 長期滞在する場合は、大きめのサイズのガイドブックでも問題ありませんが、1週間程度の旅行の場合は、自分が興味のある観光地やアクティビティなどが掲載しているかどうかをチェックし、なるべくコンパクトなサイズのガイドブックを購入しましょう。 小さい冊子本のガイドブックのほうが荷物にもなりませんし、重さもないので持ち運びに便利です。 画像などが豊富に掲載しているムック判のガイドブックを何冊も持っていく人もいますが、冊子本のほうが情報量は多いので、行きたい場所が決まっている場合は冊子本にしたほうが良いでしょう。

情報量の多いガイドブックがおすすめ!

ガイドブックはいろいろな情報が掲載されていますが、なるべく細かい情報までしっかりと掲載されているものがおすすめです。 お目当ての観光地まで現地からの移動方法、路線図と料金、観光スポットの休日や入場料金など、詳細までしっかり記入されていると現地で困ることもありません。 ガイドブックによっては経路のマップが大まかだったり、駐車場の有無や駐車場台数、混み合う時間なども掲載されていないことがあります。 観光地の気候や周辺の言語、治安など、細かな情報まで掲載されているガイドブックを選ぶようにすると良いでしょう。

例えば、子供連れでハワイに行く場合は、子連れで行けるようなおしゃれなお店をガイドブックで探すことができます。 ハワイには芸能人も多く訪れるため、芸能人御用達のお店が掲載されていたり、芸能人が出版しているハワイのガイドブックもあったりします。 インターネットのほうが情報が多いと思うかもしれませんが、ネットの情報だと、例えば料金や経路までは記載していても、それ以外は情報が載っていないこともあります。営業時間は何時までなのかを調べたり、施設の中に飲食の持ち込みはできるのかなど、知りたい情報ごとに調べる必要があります。 すぐに欲しい情報が見つかれば良いですが、なかなか検索でヒットしない場合は、情報があいまいなまま現地に出掛けることになるので、不安も多いかもしれませんね。

最新のガイドブックを購入しよう

ガイドブックを購入するときに気をつけなくてはいけないのが、いつ発行されたものかをチェックすることです。 ハワイのガイドブックは数多く販売されていますが、何年も前に発行されたガイドブックが現在も本屋に並んでいることもありますので、必ず発行日をチェックして購入するようにしましょう。

ハワイ旅行に行く場合、少しでも節約するために図書館でガイドブックを借りる人もいますが、発行日をチェックせずに借りると、数年前に発行されていたものだったりすることもあります。 老舗のお店や人気店などは、古いガイドブックに掲載されている情報と変わらないことも多いですが、新しいお店や流行りのお店などは閉店したり移転することもしばしばありますので、あまり古すぎるガイドブックは持っていかないほうが良いでしょう。 旅行前に最新のガイドブックを購入し、それを見て現地での計画を立てるようにしましょう。最新のものでは2019年版と2020年版がありますので、年度と合わせて発行日を確認しましょう。

ガイドブックには電子版もあります

どうしても書籍のガイドブックを持ち歩くのに抵抗がある人は、電子版の購入をしてみてはいかがでしょうか。 最近ではガイドブックを購入すると、無料で電子書籍が付いてくるものも少なくありません。ガイドブックをまるごとダウンロードできるので、現地でスマホを開くだけでガイドブックが利用できます。 販売されているガイドブックと同じ内容を見ることができ、チェックしたい箇所は付箋をつけておくことも可能です。

オフラインで使用できる無料のガイドブックもあります。専用アプリをダウンロードしておくと、インターネット通信をしなくてもガイドブックを見ることができます。 また、ハワイ州観光局には無料で提供しているガイドブックもあります。公開している電子書籍にはいくつか種類がありますが、ガイドブックがわりとなる書籍もあります。 PDF形式でダウンロードできますので、ハワイでいつでもオフラインで確認することができます。

まとめ

初めてハワイに行くときは、ガイドブックを持参して旅のお供にすることをおすすめします。インターネットでは得られない情報や、正確な情報を得られるため、海外でのトラブルを避けることにもガイドブックは役立ちます。 ガイドブックはたくさん販売されていますので、まずは本屋さんで軽く内容を確認してから、購入してみてはいかがでしょうか。

ハワイでの観光は癒しから!

出張ロミロミマッサージ

出張ロミロミ専門店「ロミノハワイ」は滞在先のホテルに資格を保持した日本人女性セラピストが伺います。疲れ知らずのハワイ旅行にするためにご利用ください。

顔や足のむくみを解消して、身も心も癒されてハワイを楽しむ方法