お役立ち情報

ハワイでタクシーを利用する

ハワイ旅行で現地での移動にいはいろいろな手段があります。レンタカー、バス、タクシーといったところが代表的なものです。近場であれば、徒歩や貸自転車というのもあります。バスは停まる場所が決まっていますが、レンタカーやタクシーであれば、乗り降りは好きな場所で可能です。 レンタカーに関しては、日本の免許だけでも可能なのですが、事故などの場合を考えると国際免許を取得しておいたほうが良さそうです。また、交通ルールなども違いがあるので、タクシーを利用するのが無難かもしれません。

ハワイのタクシーと日本のタクシーの違い

ハワイと日本でタクシーの最も大きな違いは自動ドアの有無です。基本的に運転手が操作するドアというのは日本ならではのものなのです。海外からの日本への旅行者がタクシーを利用する際に最もびっくりするのは、ドアの開け閉めが自動であるという点です。 ですから、ハワイを含め海外でタクシーに乗車する際はまっていてもドアは開きません。自分で開けて、乗り込んだら閉めなければならないのです。もちろん、スーツケースなどの荷物は、後ろのトランクに入れることができるのですが、有料の場合もあります。この場合は、運転手が荷物を積み込んでくれるようです。

また、ハワイでは日本とは異なり、流しのタクシーというのはほとんどありません。ですから、タクシーを呼ぶ必要があります。ちなみに、走行中のタクシーは手を上げても停まってくれませんから、必ずタクシーを呼ぶか読んでもらう必要があるのです。

ハワイでタクシーを呼んでみよう

ハワイは流しのタクシーはほとんどいませんし、走行中のタクシーに声をかけたり、手を上げたりしても停まってくれることはほとんどありません。ですから、タクシーを利用するにはタクシーを呼ばなければなりません。最も簡単なのが、宿泊先のホテルからタクシーを呼ぶ方法です。ホテルのフロントで呼んでもらうと簡単です。ただし、その際にはベルマンにチップを渡すとよいでしょう。だいたい1~2ドルといったところでしょうか。

ホテルのロータリーにはタクシーが停まっていることがあるのですが、そのほとんどは予約されたタクシーですから、利用できないと考えておいたほうがよさそうです。 行き先については英語でお願いするのが基本となりますが、地図で場所を示すことでも可能です。英語での会話に不安があるのであれば、ホテルで呼んでもらった際に行き先も告げてもらうといいかもしれません。これなら安心して利用できそうです。

他にもスマホのアプリを利用するという方法もあります。LyftとUBERというアプリがあるのですが、UBERは日本でもサービスを展開しているので利用してみましょう。乗車場所と目的地を入力するだけでタクシーが迎えに来てくれて目的地まで運んでくれるのです。これなら、英語ができなくても不自由なくタクシーを利用することができます。便利なポイントが利用料金の目安が事前にわかるという点です。何度も利用していれば値段の見当はつくのですが、めったに利用しないハワイのタクシーの場合、値段が分からないというのは不安ですよね。その不安が解消されるのです。

また、タクシーの運転手に料金の支払時にチップを渡すのを忘れないようにしましょう。相場としては、料金の10パーセントから15パーセントとなっています。また、荷物の出し入れなどを手伝ってもらった場合は、荷物1個につき1ドルといったところになります。料金とチップはまとめて渡すのですが、その料金はドルだけでなくセントも含まれます。ですが、このセントは切り捨てたり切り上げたりするのがよいと言われています。コインのやり取りをするのはスマートではないということです。

ハワイでタクシーを利用する際の注意点

治安のいいハワイといっても、日本ほどではありません。ハワイを含めた海外旅行では基本的には自分の身は自分で守るということも大切です。実際に、いろいろなトラブルも起こっているようです。お金で済む問題であればそれに越したことはありませんよね。

どんなトラブルがあるのかというと、タクシーでは料金の割り増しといったこともあります。通常の料金に割り増しているということではなく、いわゆる遠回りをして距離と料金を稼ぐといった方法です。これは日本でもトラブルのひとつとしてときどき問題となっているようです。 また、支払時にクレジットカードを使用する際のスキミングという問題もあります。海外ではこういったトラブルも多く、クレジットカードから目を離してはいけません。日本では、カードを持ったまま、店舗の奥で目に見えないところで決済処理をするということもありましたが、現在はほとんどなく、目の前で決済をしてくれます。

基本的には、ハワイのタクシーの場合、クレジットカードの利用はOKとされていても、多くの場合運転手がカード決済を拒否することが多いようです。まれに、水増し請求をされたというトラブルもあるようですから、カード決済をする場合、しっかりと金額を確認してからサインをするようにしましょう。金額を確認せずにサインをした場合、後で水増し請求が発覚してもサインをしてしまった以上は交渉の余地もありません。 もちろん、身に覚えのない利用に関してはクレジットカード会社のほうで保険を適用してくれるのですが、この場合はサインをしてしまっているので、本人が確認済みということになってしまうのです。もちろん、利用控えも必ずもらっておきましょう。

アプリによるタクシーの場合は、女性一人だけや女性2名といったような女性だけの少人数でのタクシーの利用はおすすめできません。諸外国に比べると治安がいいとされているハワイですが、日中であっても避けたほうがよさそうです。どうしても女性だけになってしまう場合、複数人での利用や、アプリではなく、ホテルやショッピングセンター等のタクシー乗り場を利用したほうがよさそうです。アプリの利用と比べると値段は多少割高になってしまいますが、安心のための料金、つまり保険と考えれば高いとはいえないのかもしれません。

また、中にはメーターを回さないといったタクシーもあります。メーターで料金を算出せずに到着時の料金交渉をするといったものです。メーターを回すタクシーと比べても倍以上の金額となることも多いので、メーターを回しているかどうかは必ず確認しておきたいポイントです。

ハワイ観光なら貸切チャーターや貸切タクシーが便利

行き先がそれほどないのであれば、普通にタクシーやバスを利用するのが便利なのですが、時間に縛られずにあちこち行っていろいろと観光をしたいといった場合、貸切チャーターや貸切タクシーの利用を考えてみましょう。一人だとちょっと高いイメージがありますが、複数人で人数が多くなるほどお得に利用できるようになってきます。 貸切チャーターの場合は専用のガイドが同行してくれるので、観光にはうってつけです。もちろん、日本語の対応も問題ない場合が多く、普通に日本語で会話ができます。また、専用車両となるため、待ち時間の心配は一切ありませんし、乗り合いのように他のお客さんへの気兼ねも一切ありません。特に赤ちゃんや小さな子供さんがいる場合にはうってつけの移動手段となりそうです。

貸切タクシーも貸切チャーターと同じような感覚で利用できます。運転手も日本人といった場合がほとんどで日本語も問題ありません。 自分達で考えていた観光先以外にもいろいろなおすすめスポットに連れて行ってもらうこともできますし、写真撮影時のカメラマンをしてもらうことも可能になります。時間をかけてゆっくりと観光をしたいといった場合であれば、貸切を利用するというのも良い方法の一つではないでしょうか。貸切の場合、利用者はほぼ観光者のみということもあり、安心して利用できます。また、クレジットカードの利用も問題なく、安心して決済もできそうですね。もちろん、利用料金にはチップも含まれています。

ハワイ観光は癒しから!

出張ロミロミマッサージ

出張ロミロミ専門店「ロミノハワイ」は滞在先のホテルに資格を保持した日本人女性セラピストが伺います。疲れ知らずのハワイ旅行にするためにご利用ください。

顔や足のむくみを解消して、身も心も癒されてハワイを楽しむ方法