ハワイのグルメ

レナーズ・ベーカリーのマラサダ全9種類を徹底調査

マラサダの名店レナーズベーカリー

アロハ☆ロミノだより編集部のRISAです。マラサダで人気のレナーズベーカリーというマラサダ専門店ををご存知でしょうか?ハワイで生まれたマラサダはローカルにも観光客にも大人気で、レナーズベーカリーの開店から閉店までとどまることなく人が押し寄せ1日中行列ができています。なぜそんなに人気なのか。どんなフレーバー(味)があるのか。レナーズベーカリーのマラサダの人気に迫ります。

ハワイで有名なレナーズのマラサダ全9種類
ハワイで有名なレナーズのマラサダ全9種類

「レナーズ・ベーカリー」誕生の秘話

マラサダといえばレナーズ!レナーズといえばマラサダ!!というように、地元のロコから観光客まで多くの人に愛されている創業60年のレナーズ・ベーカリー。初代創業者レオナルド・レゴ氏がベーカリー修行の末に37歳でオープンさせたのがレナーズ・ベーカリーの始まりです。その後、ポルトガル出身の母親からポルトガル伝統のスイーツである“マラサダ”を作ってみてはどうかと提案され、マラサダを販売したところまたたく間に繁盛し、今やハワイを代表するスイーツとなりました。

レナーズベーカリーのマラサダ全9種類をご紹介

人気No.1 オリジナルマラサダ

レナーズオリジナルマラサダ 1.3ドル
レナーズオリジナルマラサダ 1.3ドル

レナーズベーカリー不動の人気第一位は、オリジナルマラサダです。シンプルに揚げたパン生地にたっぷりの砂糖をまぶした王道のマラサダ。生地がふわふわで砂糖の甘さがどこか懐かしい味がします。甘すぎないので日本人にも人気の味です。

人気No.2 カスタードマラサダ

レナーズカスタードマラサダ 1.65ドル
レナーズカスタードマラサダ 1.65ドル

レナーズベーカリー人気第二位は、カスタードマラサダです。生地の中にたっぷりのカスタードクリームが入っていて一口食べるとクリームが溢れ出てきます。日本のカスタードクリームに近い味がします。甘さ控えめなので最後まで美味しくいただけますよ。

人気No.3 マカダミアマラサダ

レナーズベーカリー人気第三位は、マカダミアマラサダです。マカダミアといえばハワイを代表するお土産の一つです。そのマカダミアが細かく砕いてクリームの中に入っています。ふわふわの生地にマカダミアの食感が楽しい一品です。

シナモンマラサダ

シナモンマラサダ 1.3ドル
シナモンマラサダ 1.3ドル

シナモンマラサダは、揚げたてのパン生地にシナモンパウダーをふりかけたマラサダです。中にクリームは入っておらす、シナモンの風味を楽しめます。さっぱり食べられるので、オリジナルマラサダとセットで手土産に買うローカルが多いです。

グアバマラサダ

グアバマラサダ 1.65ドル
グアバマラサダ 1.65ドル

グアバマラサダは南国のフルーツ「グアバ」のクリームが入ったマラサダです。グアバはハワイの住民宅にも植えられているポピュラーな果物です。その果肉はいちごのような酸味とさっぱりとした味わいです。レナーズベーカリーのグアバクリームは砂糖を加えて甘く作っているのが特徴です。

ドバーシュマラサダ(チョコレート)

ドバーシュマラサダとはチョコレートクリームのマラサダのことです。もったりしたチョコレートクリームはアメリカらしい甘さを感じます。ローカルの子供や大人からは人気の味です。疲れが溜まっているときや糖分取りたいときにおすすめです。

リヒムマラサダ

リヒムマラサダ 1.3ドル
リヒムマラサダ 1.3ドル

リヒムマラサダとは、リヒムイパウダーをまぶしたマラサダです。リヒムイとはプラムを塩漬けにして乾燥させたもので、それをパウダー状にしたものをリヒムイパウダーと呼びます。ロコはこのパウダーをパイナップルやマンゴーにつけて食べます。パウダーをかけることでマラサダの素朴な甘さを感じられ美味しいです。

ハウピアマラサダ

レナーズハウピアマラサダ 1.65ドル
レナーズハウピアマラサダ 1.65ドル

ハウピアマラサダとは、ココナッツクリームが入ったマラサダのです。ハウピアとはハワイ伝統的なデザートの一つでココナッツミルクを煮込んで作ります。ヨーグルトのようなさっぱりとした味わいです。老若男女から人気でマラサダにもよく合うクリームです。

月替りマラサダ

レナーズ10月限定 パンプキンマラサダ 1.65ドル
レナーズ10月限定 パンプキンマラサダ 1.65ドル

月替りマラサダは毎月様々な味のマラサダが楽しめます。取材した10月の月替りマラサダはパンプキンマラサダでした。持ったりしたクリームは見た目より甘くなくさっぱりした味わいです。今回食べ比べたマラサダの中で人気の高い味でした。毎月フレーバーが変わるので、月替りマラサダを楽しみにしているファンも多いです。

マラサダの発祥はポルトガル?!

知っていましたか?実はマラサダの発祥はポルトガルなのです。キリスト教における最も重要な日とされる“復活祭”が毎年4月にあります。最近日本でもイースター(復活祭)と呼ばれ、卵やうさぎをモチーフにしたイベントが行われていると思います。その復活祭前日までの46日間のことを“四旬節”といい、この期間は肉はもちろん卵や乳製品を食べることが禁止されます。そのため、ポルトガルでは四旬節までにそれらの食材を使い切ろうと生み出したのが『マラサダ』の始まりと言われています。主にマラサダを食べる日は四旬節の前日である“懺悔の火曜日”です。なので、ハワイに住むポルトガル移民は今でもこの懺悔の火曜日にマラサダを食べているそうです。

レーナ―ズのマラサダを移動販売車で買う

レナーズ・ワイケレワゴン店

レナーズ・ワイケレワゴン店は、ワイケレプレミアムアウトレットモールの向かいにあるワイケレ・センター駐車場の一角にあります。オールドネイビーやペットコが並ぶ建物の横にあります。他にもフードトラックが並んでいますが、白と赤のレナーズワゴンは目立つので分かりやすいですよ。

店舗名
レナーズ・マラサダモバイル・ワイケレワゴン(Leonard’s Malasadamobile Wagon)
住所
94-894 Lumiaina Street, Waipahu(ワイケレショッピングセンター内)
営業時間
土−木 6:00−21:00
金−日 6:00−22:00

レナーズ・ハワイカイワゴン店

レナーズ・ココマリーナ店は、ハワイカイにあるココマリーナショッピングセンター駐車場内にあります。カラニアナ・オエ通りとルナリロ・ホーム通りの交差点側にトラックがあります。ハナウマ湾の帰りによるのがおすすめですよ。

店舗名
レナーズ・ベーカリー・マラサダトラック(Leonard’s Bakery Malasada Truck)
住所
7190 Kalanianaole Highway, Hawaii Kai(ココマリーナショッピングセンター内)
営業時間
月−日 7:00−17:00

レナーズ・パールリッジワゴン店

レナーズ・パールリッジ店は、アイエア地区のパールリッジ・ショッピングセンター駐車場内にあります。真珠湾博物館の近くです。レナーズ・パールリッジ店はローカルが買いに来ることが多い観光客にはあまり知られていないワゴン店です。

店舗名
レナーズ・パールリッジ・マラサダモバイル(Leonard’s Pearlridge Malasada Mobile)
住所
98-1005 Moanalua Rd, Aiea(パールリッジ・ショッピングセンター内)
営業時間
月−日 7:00−20:00

レナーズベーカリー店舗情報

レナーズベーカリーの外観
レナーズベーカリーの外観
店舗名
レナーズ・ベーカリー( Leonard’s Bakery )
住所
933 Kapahulu Ave, Honolulu, HI 96816
電話番号
(808) 737-5591
営業時間
日−金 5:30−22:00
土−日 5:30−23:00
公式HP
https://www.leonardshawaii.com/home/

まとめ

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。今回はレナーズベーカリーのマラサダがいかにして長い間多くの人に愛されているのかをご紹介させていただきました。創業者のレオナルド・レゴ氏がはじめた祖国の味マラサダが息子である二代目レオナルド・レゴ・ジュニアに引き継がれ、今では日本にもレナーズ・ベーカリーが出店されています。世界中から愛されるハワイ生まれのマラサダ!!ぜひハワイに来た際はレナーズ・ベーカリー本店でその歴史にふれて、シンプルで飽きのこないマラサダを味わってみてください。マハロ☆

ハワイ観光は癒しから!

出張ロミロミマッサージ

出張ロミロミ専門店「ロミノハワイ」は滞在先のホテルに資格を保持した日本人女性セラピストが伺います。疲れ知らずのハワイ旅行にするためにご利用ください。

出張ロミロミがおすすめな7つの理由