ハワイのお土産

ハワイでの買い物ならABCストア

日本ではおなじみのコンビニ、ローソンとセブンイレブンはハワイにもあります。ただし、これなら大丈夫と思っていても、実は店舗数があまりありません。ですから、必ず利用できるというわけではないことを心得ておきましょう。

その代わりにハワイにはABCストアがあります。日本でいうところのコンビニにあたる店になります。店舗数も多く、店舗によっては日本語の話せるスタッフもいるので、日本からの旅行の際にはかなり便利なお店となるでしょう。

朝ご飯からお土産まで

ABCストアを利用することで、旅行の際に欲しいものがほぼ全て手に入るかもしれません。扱っている食料品に関しては、ハワイならではのもののありますが、サンドイッチやおにぎり、また、ざるそばといった日本人好みのものも扱っています。日本人旅行者を意識した品揃えとなっていますので、これならハワイにいながらも日本にいるのと同じように買い物ができますよね。気になる価格も観光地価格ではなく、良心的な価格なので安心です。ただし、日本から輸入して販売しているものに関しては、高くなってしまいますがそれは仕方がありません。

ABCストアを利用すれば、朝食や夜食に関して困ることはなさそうです。ただ、日本のコンビニのように24時間営業ではなく、6:30~0:30となっているので注意が必要です。また、店舗によっても営業時間が異なっているので、念のために確認しておいたほうがよさそうです。いざといきに閉店だと困ってしまいますよね。 また、ABCストアではさまざまなものが販売されています。お土産に向いた商品もその一つです。日本では発売されていない商品はもちろんですが、ハワイ限定のコスメなどもあります。自分用として使用してもよいですし、女性の友人や知人用にお土産として購入するのにも最適です。日本では発売されていなくても、ハワイで人気となっているコスメは、雑誌やネットで紹介されているということもあり、使用したことはないけれど知っているという人も多いようです。

日本でも人気となっているシートパックに「ルルルンシリーズ」というのがあるのですが、ABCストアではハワイ限定バージョンを入手することができます。店舗によっては日本語の話せるスタッフもいますから、お土産については売れ筋を聞いたり、いろいろと相談してみるといいかもしれません。

ABCストアは日本円で会計ができる

海外旅行で考えなければならないのが、現地のお金と日本円との両替です。一般的には旅行前に両替しておいて、現地で使用することになります。ですが、店舗によってはそのまま日本円が使用できます。ABCストアも日本円が使用できる店舗のひとつになります。ただし、使用はできますが、お釣りはドルで返ってきます。 とはいえ、両替はしておくほうがよいでしょう。日本円の使用については、いざという時にしておいたほうがいいかもしれません。レートに合わせた換算も必要になります。マナーというわけではなりませんが、現地での買い物は現地のお金のほうがよいのではないでしょうか。クレジットカードであれば全く問題はなさそうですけれど。

また、日本円でもドルでもいいのですが、買い物をするとレシートが発行されます。レシートはそのまま処分してしまう人も多いのですが、ABCストアのレシートは帰国の日までとっておきましょう。というのも、ABCストアではレシートの合計金額に応じてギフトがもらえるのです。 100ドルからとなっていますが、滞在期間中にいろいろと買い物をすれば、これくらいはいけるのではないでしょうか。ただし、レシートの有効期限は2週間ですから、前回の旅行といった場合のレシートは残念ながら使えないということになりそうです。

金額に応じてギフトの内容も変わってくるので、お土産もABCストアで購入すれば、レシートの合計金額はかなりの額になりそうです。ギフト狙いで買い物やお土産はABCストアで購入するというのもありかもしれませんね。

デリも充実のABCストア

ABCストアは、オアフ島のワイキキビーチエリアを中心に多くの店舗を抱えるコンビニなのですが、店舗によって違いがあります。日本のコンビニのような店舗もあれば、スーパーのような店舗もあります。大型の店舗となると、扱っている商品もかなりの種類となります。リカーコーナーで扱うお酒も、ひょっとすると小さな酒屋さんと比べてもひけを取らないほどの規模となっているのです。お酒はもちろんですが、チーズやソーセージなど、つまみとなるようなものもいろいろと取り揃えています。 もちろん、デリコーナーもあり、品ぞろえも豊富です。小さな店舗でもいろいろと取り扱っていますが、大型の店舗となると、品ぞろえの数だけでなく、ひとつひとつの量も多くなっています。いろいろと購入してビーチまで持って行って昼食にするのも良さそうです。

また、ABCストアにはデリコーナーを充実させたABCストア・デリという店舗もあります。外見からはその違いは分かりにくいですが、看板にABCストア・デリと英語で表記されているので、看板で区別することができます。ABCストア・デリは大型店舗となっているので、店舗の規模である程度判断することはできそうです。実際には、大型店舗はデリコーナーも充実しているので、不足はないのですが、ABCストア・デリはさらに充実しているのです。 ですから、ABCストアを利用するのであれば、ABCストア・デリを利用するようにすれば、食品については困ることはなさそうです。デパ地下の総菜等と同じように量り売りとなっているので、少しずつ色々食べたい。また、気に入ったものを満足のいくまで食べたいといった人には向いていそうですね。

わざわざハワイまできてコンビニのご飯?と思うかもしれません。ですが、ABCストアの大型店舗の場合、コンビニというよりはスーパーやデパートと言ったイメージです。スーパーやデパートで食材や惣菜を購入しておかずにするというのは特別でもなく、普通のことではないでしょうか。ABCストアの大型店舗の場合、もはやコンビニではないのです。

ABCストアのオリジナルバッグが便利

いろいろな商品を取りそろえているABCストアですが、ついつい買いすぎてしまうということもあるのではないでしょうか。帰りの際に、荷物がスーツケースに入りきらないといったこともありますよね。また、荷物には重量制限もあるため、あまり詰め込み過ぎても、重量の問題が出てきてしまいます。 そういった場合は、ABCストアで販売されているオリジナルのキャスター付きバッグが便利です。サイズは60×40×20センチあるので、大抵のものならこのバッグで十分です。ただし、素材がナイロンであるため、割れやすいものを入れるのは難しいかもしれません。割れやすいものはスーツケースに入れて、洋服などはこのバッグに入れるようにすればかなり便利に使用することができます。

また、ナイロン素材であるということの利点もあります。小さく折りたためるという点です。使用しない場合はコンパクトに畳んでおけるのです。もちろん、次の旅行の際に携行して使用してもよいのです。スーツケースに入れて持っていくにも便利なのです。 また、ABCストアでは日本ではビニール袋と呼ばれているプラスチック袋の無料配布が法律で禁止されました。そのため、紙袋が無料配布されるようになっています。プラスチック袋も用意はされていますが、有料ということになります。もちろん、ハワイにあるローソンやセブンイレブンでもプラスチック袋の無料配布は行われていません。ですから、エコバッグを用意しておくとよいかもしれません。

ABCストアでもいろいろなデザインのエコバッグが販売されています。いろいろなエコバッグを購入してそれにお土産をいれて、エコバッグも一緒にお土産にしてみるのも面白いかもしれません。ハワイならではのデザインとなっているので、日本に帰って普段使いにするには少し派手かもしれませんね。

ハワイ観光は癒しから!

出張ロミロミマッサージ

出張ロミロミ専門店「ロミノハワイ」は滞在先のホテルに資格を保持した日本人女性セラピストが伺います。疲れ知らずのハワイ旅行にするためにご利用ください。

顔や足のむくみを解消して、身も心も癒されてハワイを楽しむ方法