ハワイのお土産

結婚指輪にもおすすめのハワイアンジュエリー

海外で結婚式を望むカップルが増えていますが、その中でも特に人気の高いエリアがハワイです。ハワイは観光地として有名な場所ですが、結婚式を挙げる場所としても人気が高く、毎年多くの日本人カップルが挙式を行っています。 ハワイで結婚式を挙げるときに、記念として結婚指輪を一緒に購入する人も多いようです。ハワイアンジュエリーは見た目のデザインの美しさから、アメリカでも人気の高いジュエリーで、結婚式も指輪もハワイというカップルも少なくありません。 そこで今回はハワイアンジュエリーについてご紹介します。

結婚式場として人気のハワイ

人気の高いハワイウェディング

アメリカの州の一つであるハワイは、世界中から観光客が集まるリゾート地として知られています。特にオアフ島は大きなショッピングセンターがあることで、買い物目当ての観光客も多く訪れます。 日本からは7時間ほどのフライトで到着するので、結婚式や新婚旅行先の定番の地としても知られています。また、ワイキキには多くの結婚式場があることから、日本では人気のウエディングスポットとなっています。 ハワイで結婚を手配してくれるエージェントも数多く、日本語が話せるスタッフが多いことから、気軽に結婚式が挙げられるのも人気の理由の一つではないでしょうか。

また、ハワイは多くの観光客が訪れる地なので、治安がとても良いことで知られています。海外挙式をする場合、不安になるのが周辺の治安やスタッフの質ですが、ハワイはレベルの高いスタッフたちで構成されているので、安心して結婚式を挙げられます。 ハワイが結婚式場として人気が高いのは、新婚旅行を兼ねて行けるという点もあるのではないでしょうか。日本で結婚式を挙げたとしても、新婚旅行は海外に行くカップルがほとんどなので、結婚費用が割高になってしまうことも少なくありません。 ハワイで挙式を行う場合、旅行費用が節約できますので、トータル費用だとハワイのほうが割安になることもあります。 また、参列者をハワイに呼べるため、家族旅行気分を味わえるのもハワイの結婚式の魅力です。ハワイでの結婚式は渡航費や宿泊費が必要になるため、家族や本当に仲の良い友人だけを呼んでアットホームな雰囲気で結婚式を行えます。 友人や家族も一緒に旅行を楽しめますので、結婚式に参加した全員がハワイを満喫することができます。

ハワイの結婚式の魅力の一つとして、ハワイアンジュエリーを結婚指輪に使用できるという点があります。日本でハワイアンジュエリーを購入する場合、高額になってしまうことも多いですが、現地で購入すると日本よりも値段が安いため、豪華な指輪を購入することも可能です。 結婚指輪を見るたび、ハワイでの挙式を思い出せますので、いつまでも初心を忘れずに過ごせるかもしれませんね。

ハワイアンジュエリーとは?

ハワイアンジュエリーのペアリング

ハワイアンジュエリーはハワイの伝統的なジュエリーのことで、英語ではHawaiian heirloom jewelryといい、親から子へ代々伝えるジュエリーを意味しています。 ハワイアンジュエリーは1800年代に誕生したともいわれており、ルーツはハワイの最後の女王だとされています。 イギリス王室のビクトリア女王は夫が亡くなってからずっと喪服を着用しており、ジュエリーも黒いものをつけていました。イギリス王室と親交のあったハワイの最後の女王リリウオカラがそれをふびんに思い、ゴールドのバングルに黒の模様をいれ、永遠の思い出と文字を彫り愛用していたことが始まりとされています。 その後、舞踏会のお手伝いをした女性に、お礼としてアロハオエと刻んだ同じようなバングルを送ったことから、ハワイアンジュエリーの流行が始まったそうです。

ハワイアンジュエリーはハワイの伝説を花柄や自然をモチーフにしてジュエリーに彫り、健康祈願や魔よけのために身につけるものとして着用されています。 ハワイに昔からあるハイビスカスやプルメリア、マイレなどの植物は昔から掘られ続けているモチーフで、これに文字を組み合わせてジュエリーを作り上げます。 1980年代頃までは伝統の植物を使用したモチーフのデザインが多く見られましたが、細管ではウミガメやバンブー、フェザーなどさまざまなデザインが見られるようになりました。

昔はお守り代わりにつけられていたハワイアンジュエリーですが、現在では人生のイベントごとに贈られるプレゼントとして利用されることが多いようです。結婚式や出産、入学や卒業など、人生の節目に贈られるプレゼントとなっています。 モチーフが数多くあるので、結婚指輪として利用する人も多くいます。ハワイアンジュエリーは一般的な宝石店で販売されている指輪よりもデザインが特徴的で、オーダーメイドだと世界に一つだけの特別な指輪を作ることができます。 ハワイアンジュエリーはかわいらしいイメージが強いかもしれませんが、スタイリッシュなモチーフのデザインもありますので、男性でも結婚指輪としてはめることができます。

ハワイアンジュエリーの種類

ハワイアンジュエリーは大量生産した既製品と、職人が手彫りで作り上げるオーダーメイドの2種類あります。

オーダーメイドで注文する場合、ほとんどは手作業で彫っていきます。同じモチーフのデザインでも、職人さんによってイメージが変わったり、その日のコンディションによって仕上がりが変わってきたりしますので、世界に一つだけのオリジナルジュエリーが出来上がります。 オーダーメイドの場合、仕上がりまで時間と手間がかかりますが、彫りあがった部分がとてもキレイなので満足度は高いと思われます。しかし、職人さんの手作業になるため、値段が高いといった一面もあります。

既製品はキャスト製法で作られたものが多く、大量生産するために原型からゴムで型をとり、いくつも同じジュエリーを作ります。 店頭に並んでいればすぐに購入することが可能ですが、オーダーメイドよりもクオリティーが下がってしまいます。しかし、手彫りよりも値段が安いのがメリットともいえるでしょう。 既製品といえども、職人さんが仕上げを行っているジュエリーも多いので、安物に見えることはありません。

ハワイアンジュエリーを専門に扱うブランド店も多く、結婚指輪だけでなくネックレスやピアス、ピンキーリングなど、さまざまなジュエリーを販売しています。 店舗によってはオーダーメイドと既製品の両方を扱っているお店もありますので、いろいろのぞいてみると良いでしょう。

ハワイアンジュエリーのモチーフの意味

様々なデザインのハワイアンジュエリー

ハワイアンジュエリーはいろいろなモチーフを柄にしたデザインですが、そのモチーフにはすべて意味があるといわれています。 結婚指輪に使われることの多いスクロール模様は砂浜に寄せては返す波のことで、いつまでも幸せを運んでくれるということを意味します。指輪に波が一周しているデザインのため、永遠やずっと幸せという意味が込められています。 マイレはマイレリーフという植物のことで、古来より神聖な植物として神殿に飾られていました。絆や平和、縁結びなどを意味していますが、邪悪なものから身を守るといった意味合いも込められています。 カジュアルなモチーフとして使用されるのがハートです。アロハという文字になぞらえており、ハワイでも人気のデザインとなっています。

メンズのハワイアンジュエリーで人気のモチーフは、イルカやクジラ、ウミガメです。イルカは海の使者と捉えられており、遊び心や友情などを意味します。 クジラは尻尾を使ったモチーフが多いようです。クジラに出会うことができればラッキーということから、幸運や運を呼び込む意味を持っています。 ウミガメはハワイ語でホヌといい、ハワイでは神聖な海の守り神として大切にされています。幸せを運んでくる、または身を守ってくれる意味が込められています。 ほかにもいろいろなモチーフがありますので、どんな意味があるか調べてみて、デザインを決めるようにしましょう。

ハワイでの観光は癒しから!

出張ロミロミマッサージ

出張ロミロミ専門店「ロミノハワイ」は滞在先のホテルに資格を保持した日本人女性セラピストが伺います。疲れ知らずのハワイ旅行にするためにご利用ください。

顔や足のむくみを解消して、身も心も癒されてハワイを楽しむ方法