お役立ち情報

ハワイ旅行のベストシーズンはいつ?年間を通しておすすめの時期は?

ハワイ旅行のベストシーズンとは

ハワイ旅行へ行くならハイシーズンは避けたいところ。でも天気は良い方が良いし、そうなると日本の観光客に人気のシーズンとかち合ってしまうし……と、一体どのタイミングでハワイ旅行へ行けばいいのかと迷っている方も多いのではないでしょうか。 ハワイ旅行のベストシーズンを決めるには、ハワイの天候と航空券やホテルの利用料金の高さ、などが関係してきます。 今回は主に天候にスポットを当てて、年間を通してどのシーズンがハワイ旅行に適しているのか、旅行の目的ごとに一番適している時期はいつなのかなどをご紹介していきます!

雨季と乾季に分かれているハワイの季節

日本の季節は春夏秋冬、4つの季節に分かれています。寒さと暑さがはっきりしている日本で暮らしている身からすると、ハワイはいつだって夏、あたたかい印象が強いですよね。 もちろん日本と比べれば季節ごとの気温差などは少ないのですが、ハワイもいつでも完璧な夏というわけではありません。日本ほどはっきりした四季はないですが、雨季と乾季というふたつの季節に分かれています。

雨季

ハワイの雨季は、10月から3月の間です。 雨季のシーズンに入ると、気温も若干下がります。10月・11月の平均気温は25℃と、日本で暮らしている感覚からすれば暑すぎず寒すぎず、とても過ごしやすい気候といった印象ですね。 ただそれは、あくまで平均気温の数字から感じる印象。実際には一日のうち朝と夜が寒く昼間があたたかいという、日本の秋や春と同じような気温の変化があります。朝や夕方、夜には涼しくなる日も多いので、羽織ものなどが必要になる点でも日本と同じですね。 12月から1月にかけてはハワイでももっとも寒い時期で、朝夕の冷え込みも厳しくなります。平均の最低気温は18℃、寒いというほどではないですが常夏の気分で訪ねると思っている以上に涼しく感じるはず。いつだって夏のように暑いというイメージとは異なります。

乾季

ハワイのもうひとつの季節、乾季は4月から9月の間です。 雨季と乾季、ふたつの季節の変わり目である4月はまだ朝晩に肌寒さを感じることも多いですが、5月から9月までは朝晩の冷え込みも落ち着き、平均気温も27℃と、まさにハワイというイメージ通りの気候がスタートします。気候だけで言うなら、この時期がハワイ旅行のベストシーズンといえますね。 暑いといっても、日本の夏とは違って湿度は低く、カラッとした爽やかな暑さなのがハワイの特徴。日なたはとても暑くなりますが、日陰に入るだけで心地よく感じます。 雨も少ないですが、全く降らないというわけでもありません。日本でいうゲリラ豪雨のような降り方の雨が時折起こるので、毎日の天気予報はしっかりチェックして雨具など持っておきたいところです。 といっても、雨は長続きせず数分から数十分すれば綺麗に晴れてしまうので、雨が降っている間だけ屋内で雨宿りしてやり過ごすのがおすすめ。実際に地元の人たちはほとんど傘を使わず、雨がやんでから外に出るのが基本です。 気温の上がる乾季には、さまざまなトロピカルフルーツも旬を迎え、お買い得な値段でスーパーなどに並ぶようになります。滞在中の外食に少し飽きてしまったときには、フルーツをたっぷり買って朝食にするのもおすすめです!

雨季と乾季、それぞれの魅力とは

一般的な感覚でいえば、あたたかく過ごしやすい乾季がハワイ旅行のベストシーズンといえます。 ですが、雨季には雨季の魅力があるのもまた事実です。本来、雨季でも乾季でもハワイは魅力的な観光地。それぞれの季節でベストな楽しみ方が違うというのが本当のところなのです。 乾季と雨季、それぞれの季節をどう楽しめばいいかご紹介していきます!

暑い乾季は海で遊ぶのにぴったり

ハワイといえば美しいビーチで遊んだり、マリンスポーツを楽しんだりといったイメージが強いですよね。 そういったイメージ通りの遊び方をするなら、もちろん乾季がベストシーズンといえます。シンプルにビーチで海水浴をするのも良いですし、サンゴ礁の魚たちと一緒に泳げるシュノーケリングやダイビング、サーフィン、ジェットレブ、シーウォーカー、パラセーリングなどなど、ハワイではたくさんのマリンスポーツが楽しめるのです。 雨季は肌寒くなり海で遊ぶには少し気温が低くなりすぎているので、思いきり海やプールではしゃぎたい!という方にはやっぱり乾季のハワイ旅行がおすすめですね。 気候が良いので、山でのトレッキングを楽しめるのも乾季の魅力です。例えばダイヤモンドヘッドの山頂からの景色や日の出の様子は、ビーチから見るのとはまた違うハワイの美しさを味わわせてくれます。 海にも山にも豊かな自然があるハワイでは、屋外でのアクティビティーがとても盛ん。さまざまなアクティビティーを楽しめるオプショナルツアーもたくさんあるので、事前に申し込んでおくのもいいですね。 こうしたオプショナルツアーなども含めて屋外でのアクティビティーをめいっぱい楽しむには、乾季にハワイへ滞在するのがおすすめです。

ショッピングなど屋内で楽しむには雨季もおすすめ

雨季のハワイであっても、日中は気温も高いので海やプールで遊ぶのに問題はありません。ただやはり夕方になると水に入るには涼しすぎる気温になってしまいますし、乾季のように1日海で遊ぶということはできなくなります。 雨季におすすめなのは、ショッピングをはじめとした屋内でできる遊びです。 特に、11月の感謝祭の後、ハワイでは長いホリデーシーズンに突入します。どのショッピングセンターでも冬のセールが行われ、いつも以上にお得にショッピングが楽しめるようになるのです。 もちろんそれだけ人も増えますが、にぎやかな冬のハワイで買い物を楽しむのはこの時期にしか体験できないこと。ビーチで遊ぶのとはまた違ったハワイの一面を見ることができます。 またホリデーシーズンには街中でイルミネーションがともされることも多いですが、ハワイも例外ではありません。観光地らしく派手に飾り付けられたイルミネーションも、この時期のハワイでしか見られない光景。乾季に訪れるのとは違うハワイを楽しめるのです。 自然を楽しむオプショナルツアーも、乾季とはまた違ったものがシーズンとなっています。例えばホエールウオッチングやドルフィンウォッチングは雨季がベストなシーズン。 くじらやイルカを見に行きたい!という目的でハワイ旅行をする場合には、雨季に行くことをおすすめします。

ハワイの雨季は乾季と比べると涼しいとはいえ、それでも他の国々やアメリカ本土に住む人からするととてもあたたかく過ごしやすい気候。 ホリデーシーズンの休暇をあたたかいところで過ごしたいと考える各地からの観光客も多く、乾季とはまた違ったハイシーズンといえます。 乾季と雨季、どちらにもそれぞれの魅力があるので、旅の目的と合わせてどちらの季節を選ぶか考えてみてください。

ハワイの天気予報チェックには天気予報サイトやアプリがおすすめ!

ハワイの天候の特徴として、すぐに天気が変わるというものがあります。さっきまでは晴れていたのに急に雨が降ってきたり、かと思えばまたすぐに晴れたり……一日のうちで何度も天気が変わるので、天気予報のチェックは欠かせません。 また、同じ島であっても場所によって天気が全く違うのもハワイの特徴。例えば同じオアフ島であっても、ワイキキとマカプウ、カイルアやノースショアではそれぞれ全く天気が違うことも多いのです。つまり、自分が行く細かい場所ごとの天気をチェックしなければいけないということですね。

ハワイの天気予報をチェックするのには、天気予報サイトやアプリなどを使うのがおすすめです。もちろん現地に滞在中はテレビでも天気予報を見れますが、全編英語ですし見たい時間にすぐ見られるとは限りません。 日本語にも対応しているアプリや天気予報サイトなら、いつでも好きなとき、きちんとわかる言語でチェックできます。 天気図なども合わせて見られるので、少し先の天候まで予測できるのもうれしいポイント。変わりやすいハワイの天気に対応するのには欠かせないツールです!

ハワイ観光は癒しから!

出張ロミロミマッサージ

出張ロミロミ専門店「ロミノハワイ」は滞在先のホテルに資格を保持した日本人女性セラピストが伺います。疲れ知らずのハワイ旅行にするためにご利用ください。

顔や足のむくみを解消して、身も心も癒されてハワイを楽しむ方法