ハワイのグルメ

ハワイのビールを楽しもう

最近は日本でもさまざまな地ビールやクラフトビールが生産されていて、さまざまなビールを味わうことができます。それに、海外のビールを加えるとさらに多くの選択肢が生まれてきます。 ハワイにもさまざまなビールがあり、観光客の多くが食事と共に楽しんでいるのではないでしょうか。 また、ハワイ産のビールはお土産としても人気となっているようです。どんなビールが人気となっているのでしょうか。お土産にするにしても価格も気になりますよね。

ハワイで人気のマウイブルーイングのビール

ハワイにはおいしい食べ物がたくさんあります。ハワイならではのものはもちろんですが、ステーキなどの肉料理やハンバーガーなどビールの進む料理もたくさんです。そのせいかは分かりませんが、ハワイには地ビールもたくさんあり、それぞれに味が異なっています。 ハワイのビールを紹介しているサイトもたくさんあり、それぞれの人気ランキングで順位は異なっています。ですが、上位にランクされるビールはサイトごとに順位は違っていれど、どのサイトでも紹介されているような人気のビールとなっています。

ビール好きの方から評価が高いのが、ビキニ・ブロンド・ラガーです。マウイ島にあるマウイブルーイングという会社が製造するしているビールです。ジャーマンホップと大麦を使用したいて、かすかにフルーツの香りがします。バナナのような甘みが感じられるという人もいるようです。以前はハワイらしくフラガールのデザインの缶でしたが、現在はシンプルなデザインになっているようです。 同じく、マウイブルーイングが製造するビールにビッグ・スウェルというビールがあります。ハワイでは定番のビールとなっています。こちらは香料のホップを大量に使用しており、口に含むモルトの味わいがしっかりしながら後口はバランスの良い苦みとなっています。缶のデザインはハワイらしくビッグウェーブとヤシの木がデザインされたものとなっています。

これらマウイブルーイングのビールは、ステーキハウスのウルフギャングやルースズクリスなどで生ビールを注文すると出てくるビールです。ハワイ旅行の経験者でお酒を飲まれる方であれば、飲んだことはあるのではないでしょうか。お土産としても人気のビールです。 もう一つマウイブルーイングのビールでココナッツ・ポーターという黒ビールがあります。こちらのビールは口に含むとチョコレートやコーヒーのような風味がします。名前にあるようにココナッツの風味もあり、味は苦みも甘みも強めになっています。ココナッツの風味はあるのですが、それほど主張していない感じです。缶のデザインはココナッツをモチーフにしたものとなっています。

ちなみにマウイブルーイングでは瓶ビールの製造はなく、缶ビールしか製造しないそうです。

ワイキキのマウイブルーイングの直営店でビールが飲める

2017年にマウイ島を拠点としてビールを製造しているマウイブルーイングが直営店をワイキキに出しています。もちろんここではビールを楽しむことができます。公共の場所での飲酒は禁じられているので、残念ながら日本のようにビーチに持ち込むことはできません。お店でゆっくりと楽しみましょう。

営業時間は朝7時から夜の11時半までとなっています。金曜日と土曜日は午前中だけの営業となっているようです。朝食は午前中のみの提供ですね。また、ハッピーアワーが用意されています。時間は午後3時半から5時半までと午後10時半から閉店までとなっています。ハッピーアワーでは、全てのビールが2ドルオフ、料理とカクテルは3ドルオフといったような価格になっていて、かなりお得に飲食を楽しむことができるようです。

また、水曜日はロゴウエアウエンズデイとなっており、マウイブルーイングのロゴ入りTシャツや帽子を着用していると、時間帯に関係なくすべてのビールが2ドルオフで楽しむことができるようになっています。

店名
マウイ ブリューイング カンパニー ワイキキ(Maui Brewing Co. Waikiki)
住所
2300 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815
電話番号
(808)-843-2739
営業時間
日曜-木曜 7:00~23:30 金土 7:00~12:00
ホームページ
https://www.mbcrestaurants.com/waikiki/

ハワイで人気のビールはいろいろ

ハワイのビールは日本でも購入することができるのですが、ハワイで直接購入するほうが値段も安いです。日本で購入する場合は輸入扱いになるため、関税がかかるので仕方がないということになります。ハワイで購入すれば関税がかからないのでその分安く購入することができるのです。 ですから、ビールが好きという方はハワイに滞在中にしっかりといろいろなビールを楽しみましょう。飲みやすいビールも多く、ビールが苦手という方にもおすすめできるものも多いです。

ハワイで有名なコーヒーにコナコーヒーがあります。コナはハワイ島の小さな地区のことで、ここで生産されるコーヒーがコナコーヒーです。このコナコーヒーはブルーマウンテンと並び世界最高のコーヒーと呼ばれています。アメリカでコーヒーを生産しているのはこのコナコーヒーだけです。 そのコナ地区ではコーヒーだけでなくビールも生産しています。コナブルーイングという会社が作っているのですが、そのビールがコナビールということになります。

コナブルーイング

オアフ島でも買うことも飲むこともできるのですが、ハワイ島まで足を運べば、コナ・ブルーイング・カンパニー ブルワリー&パブがあり、そこでコナビールの飲み比べができるようになっています。ここは、レストランを兼ねた蒸留所なので見学も可能です。ビールが好きな方の観光にはもってこいの場所となりそうです。メニューとしてはいろいろなビールを少量ずつ飲み比べることのできる、ビアフライトというセットメニューがおすすめとなっています。もちろん、ビールはその場で楽しむだけではなく、小樽でのお持ち帰りも可能になっています。

コナコーヒーで有名なコナ地区のビールですから、コナコーヒーを使用したクラフトビールも作られています。期間限定で作られているビールも多いので全てを楽しめるわけではありませんが、その季節ならではのビールはしっかりと楽しめます。

店名
コナ ブリューイング カンパニー(Kona Brewing Co.)
住所
74-5612 Pawai Pl, Kailua-Kona, HI 96740
電話番号
(808)-334-2739
営業時間
11:00~22:00
ホームページ
https://konabrewingco.com/

ハワイのお土産にハワイの地ビール

ハワイのビールは日本でも人気となっていて、一部の銘柄に関しては日本でも購入できるようになっています。ですが、手軽に入手できるのは業者が定期的に輸入している決まった銘柄だけです。ですから、ハワイのお土産としてハワイのビールはビールが好きな方には喜ばれるのです。また、ハワイのビールはその缶のデザインや瓶に貼られたラベルもかわいいので女性にも人気となっています。 ハワイの地ビールをお土産として日本に持ち帰るにはいくつか知っておくべきことがあります。普通のお土産であれば何も考えずにスーツケースに入れて持ち帰るということになるのですが、ビールは酒類になるので、持ち帰るためには少し複雑になっています。

航空機の荷物は手荷物と預ける荷物に分けることになります。手荷物は貴重品が中心となり、スーツケースなどの大きな荷物に関しては預ける荷物ということになります。さらに、機内に持ち込みが可能なもののなかで、液体は100ミリリットルまでとなっているので、ビールをお土産にする場合は、預ける荷物ということになります。ですが、持ち込むことのできる上限が1.3ガロンまでとなっています。これは5リットルということになるので、それ以上は持ち帰ることはできないということになります。

さらに、免税店で購入したビールは税金がかからないと思いがちですが、個人輸入にあたるため、日本に持ち込む際に酒税がかかります。もちろん、免税となる範囲があり、酒類は760ミリリットルのものを3本分までが免税となります。それを超過する場合は、1リットルにつき、200円の関税を納めなければなりません。 また、アルコール度数が高いものは持ち帰れないというか、航空機内に持ち込むことはできません。実際、日本でも60パーセントを超えるお酒は危険物といった扱いになっています。

免税の範囲で酒類を持ち帰るのであれば、350ミリリットル缶ビールなら6本、500ミリリットルであれば4本までということになります。大切なのは、空港のカウンターでしっかりと種類の申請をしておくことです。最悪の場合、破棄ということになってしまいかねません。よくわからない場合は空港のカウンターで相談してみましょう。種類以外でもハワイから日本への持ち込みの場合、輸入に関する法律を調べておく必要があります。しっかりと確認しておきましょう。

ハワイでの観光は癒しから!

出張ロミロミマッサージ

出張ロミロミ専門店「ロミノハワイ」は滞在先のホテルに資格を保持した日本人女性セラピストが伺います。疲れ知らずのハワイ旅行にするためにご利用ください。

顔や足のむくみを解消して、身も心も癒されてハワイを楽しむ方法