ハワイのレンタカー

ハワイを広く巡るならレンタカーが便利。ドライブにおすすめのエリアをご紹介!

ハワイ観光におすすめのレンタカー

ワイキキの街中を散策するならトロリーやバスが便利ですし、カイルアやノースショアといったオアフ島のその他の観光スポットへもバスでのアクセスができますが、より自由に島全体を観光するにはやっぱりレンタカーが一番です。 レンタカーなら自分の好きなところへ時間を気にせず車を走らせることができますし、目的地へのルートの途中、気になる場所を偶然見つけたらそこへもすぐに立ち寄れます。 また海沿いの道を風を感じながらドライブすることは、バスやトロリーばかりを使っていたのではできない体験ですよね。 ツアーに組み込まれた移動も楽なのですが、時にはスケジュールに縛られず、自由気ままにこの素敵な島を探索してみたいと感じることもあるはず。免許をお持ちの方は、ぜひレンタカーを借りてハワイ観光を楽しんでみてください。 ワイキキ内をまわるのにももちろん便利ですので、一度車を借りたらめいっぱいハワイでのドライブを満喫しましょう!

海外でレンタカーを利用する際の注意事項

ハワイに数日の間滞在する中で、個人的にお気に入りになった場所が誰しも出てくるかと思います。 数ある中でも特に居心地がよかったビーチや気に入ったレストラン、何度でも足を運びたくなるようなショッピングエリアなどなど、あちこちに点在するお気に入りスポットへの足としても、レンタカーはとても便利です。 もちろん、さらに遠出してあちこちドライブしてまわるのも楽しいですよね。 ハワイを楽しくドライブするためには、当然ながら現地の交通ルールやマナーをきちんと学ぶのが大切です。海外での運転に慣れていないという方はしっかりチェックしておきましょう。

左ハンドルかつ右側通行

ハワイはアメリカなので、当然ながら車は左ハンドル、道路は右側通行です。まっすぐ走っているときはあまり意識しないでも大丈夫なのですが、右折や左折のときにはうっかり左車線へ寄せてしまいそうになる人はとても多いです。 慣れるまでは仕方のないことではありますが、現地のドライバーに迷惑をかけないよう、しっかり車線を意識して運転するよう心掛けましょう。

標識の数字はキロメートルではなくマイル

日本では、道路標識の数字はキロメートルですが、ハワイではマイル表示になっています。例えば制限速度の看板ですが、「SPEED LIMIT 35」などの表記が基本。1マイルはおよそ1.6キロメートルなので、制限速度が約56キロということになります。 またMINIMUM SPEEDといって最低速度の制限に関する標識もあるので、そちらも気をつけておきましょう。目的地までの距離についてもマイルで表記されているので、うっかり勘違いして目的地までの距離を短く捉え過ぎたりしないよう注意したいところです。

横断歩道に関するルールに注意!

横断歩道を渡る歩行者が優先なのは日本と同じですが、ハワイには「クロスウォーク法」という交通法があります。 これは、「横断歩道を渡る歩行者が走行車線側を横断しているときには、横断歩道の中央を過ぎるまで車両は停止しなければならない」という法律。違反した場合、罰金150ドルから1,000ドルが科せられてしまいます。 横断歩道付近では十分周囲に気を配りましょう。 またこちらは歩行者側に関するルールですが、横断歩道以外の場所で道路を横断したり、信号を無視したりすると罰金130ドルが科せられます。レンタカーは使わないという方も、こちらのルールは覚えておくようにしましょう。

アメリカでは赤信号の右折ができる

日本では左側通行であっても赤信号であれば左折はできませんが、アメリカでは赤信号の際右折が可能です。一番右側の車線へ移り、一旦停止して安全確認をして問題がなければ右折できます。 注意したいのは、場所によっては赤信号時の右折が禁止されているということ。「NO TURN ON RED」という標識が赤信号時の右折禁止を意味するものなので、きちんと確認してから右折するかどうか考えましょう。

全席でシートベルトの着用が義務付けられている

日本でも現在は後部座席に関してもシートベルトの着用が義務付けられていますよね。ハワイでも同様で、後部座席を含む全ての席でシートベルトの着用が義務付けられています。 違反者ひとりにつき、ドライバーに92ドルの罰金が科されるので要注意です。

チャイルドシートは子供の年齢別に細かく規格が定められているのに注意!

子供の安全を守るためには欠かせないチャイルドシート。こちらの着用もハワイでは義務付けられています。 注意したいのは、子供の年齢によって着用すべきチャイルドシートの規格などが細かく分かれているということ。 以下に書き出すので、お子さま連れでのハワイ旅行の際はぜひ参考にしてみてくださいね。これらに違反すると、100ドルから500ドルの罰金が科される他、4時間の交通安全教育クラスの受講が義務付けられます。

  • 新生児から1歳、体重20ポンド(およそ9キロ)までの乳児:ベビーシートもしくはチャイルドシートを、後部座席で後ろ向きに装着する
  • 1歳から4歳未満の子供:ベビーシートまたはチャイルドシートを後部座席で着用
  • 4歳から8歳未満の子供:背もたれがなく、腰下部分のみのシートであるブースターシートを後部座席で着用。身長が4フィート9インチ(およそ144.8センチ)以上であり、なおかつ体重が40ポンド(およそ18.2キロ)以上の子であればシートベルトで可

チャイルドシートやブースターシートなどは、レンタカー会社でレンタルすることができます。お子さま連れのドライブの際には忘れないようにしましょう!

クラクションは緊急時以外は鳴らさない

日本では、車線へ入れてくれた感謝の気持ちをあらわすときなど、クラクションを鳴らしたりハザードランプを点滅させたりといった独特のコミュニケーションがありますよね。 日本国内では通じる合図も、ハワイではむしろ悪印象に。せかしているのか、何かしらの危険があるのかなど、相手ドライバーにネガティブな誤解を与えてしまいます。 緊急時以外はクラクションやハザードランプの使用は控え、むやみに鳴らさないようにしましょう。

レンタカーでドライブするのにおすすめのルート

ワイキキから出発しカイルアを巡る、初心者にもおすすめのドライブ

慣れない土地でのドライブは、とにかく道に迷ってしまうことが心配の種。時間に縛りのない気ままなドライブとはいえ、外国のよくわからない土地でうっかり立ち往生、なんてことになったらと思うと不安ですよね。 道に迷うのが心配、ハワイのことがまだよくわかっていなくて地理にも不慣れだという方にもおすすめなのが、ワイキキからハワイカイを経て、海岸線の一本道をたどり、カイルアをぐるりと巡ってまたワイキキへと帰るコースです。 海岸線に沿った道は基本的にずっと1本なので、横道にそれて道がわからなくなる、という危険も最小限に抑えられています。 真っ青な海と切り立った険しい崖の対照的なコントラストが美しいドライブ前半から、東側のワイナマロへ出ると風景が途端に緑豊かに変わっていきます。ハワイの豊かな自然を3時間ほどで思いきり堪能することができる、とても魅力的なドライブコースです。

ワイキキの反対側、あまり見慣れない裏オアフを堪能する「サークル・アイランド」

まずはホノルルからノースショアまで行き、そこからオアフ島の北東部をまわり、カネオヘを経てまたホノルルへと戻るドライブコースを「サークル・アイランド」と呼びます。 オアフ島のほぼ全体を見てまわれるこのドライブコースは、ただ走り抜けるのではなく、気になる場所にいちいち停車してあたりの観光をするというのが理想の楽しみ方。 ノースショアやライエ、カハナ・ベイなどの観光地を見てまわったり、レストランやショッピングエリアなどへ立ち寄って食事や買い物を楽しんだりと、オアフ島全体を楽しむのにぴったりのドライブコースとなっています。

ハワイ観光は癒しから!

出張ロミロミマッサージ

出張ロミロミ専門店「ロミノハワイ」は滞在先のホテルに資格を保持した日本人女性セラピストが伺います。疲れ知らずのハワイ旅行にするためにご利用ください。

顔や足のむくみを解消して、身も心も癒されてハワイを楽しむ方法