ハワイのホテル

コンドミニアムを利用してハワイを楽しもう

長期休暇を利用してハワイ旅行に行かれる人も多いかと思われますが、ハワイでのアクティビティを楽しんだり、思いっきりショッピングやグルメを楽しみたいなら、宿泊費を少しでも安く済ませたいと思いますよね。 格安なホテルに宿泊するのも良いですが、現地での生活をより楽しむためにコンドミニアムを利用する人が増えています。 そこで今回は、コンドミニアムに興味はあるけれど実際に利用したことがない人に向けて、コンドミニアムがどんなものなのかご紹介します。

コンドミニアムとは

コンドミニアムとは分譲住宅を意味する言葉で、日本でいうマンションのようなものです。不動産としては分譲集合住宅を意味しますが、旅行会社などでは生活設備が整っている宿泊施設を意味することが多いようです。 オーナーがコンドミニアムの管理会社へ依頼することで、旅行者などにレンタルさせることができます。ハワイでは不動産の賃貸業が盛んで、コンドミニアムは投資価値が高いことで人気を集めています。 日本でもマンションの賃貸は可能ですが、ハワイのコンドミニアムは数日から数カ月単位でレンタルすることができるため、利用者の都合に合わせた日数でレンタルが可能です。 日本のウィークリーマンションと似ていますが、部屋の広さや設備の豪華さでは比較にならないといえるでしょう。

コンドミニアムにはいろいろな種類があり、マンションタイプやホテルタイプ、ホテルの客室の一つをコンドミニアムとして利用できるタイプの3種類あります。 ハワイでは旅行者向けにレンタルを行っているコンドミニアムも多く、長期滞在者が利用するケースが多いようです。 コンドミニアムには家具や家電などを備えているので、まるで現地の住人になった気分で、ハワイでの生活を楽しめます。調理器具や食器などもそろっているので、料理をすることも可能です。 そのため、家族旅行やグループ旅行でみんなで楽しみながら過ごしたいという人に、コンドミニアムはおすすめです。生活に必要なものは全てそろっているので、日本からの持ち物も少なく済みます。

ハワイに長期滞在する場合は、少しでも滞在費を安く済ませたいと思う人も多いですよね。2週間以上滞在するとなると、ホテル代もかなり高額になってしまいます。コンドミニアムはホテルに比べると、格安で利用することが可能です。 また、キッチン設備も整っているので、みんなで自炊をすれば滞在中の食事代の節約にも役立ちます。 2ベッドルームがそろっているコンドミニアムも多いため、子連れのファミリーやグループで使用すると、一人当たりの宿泊施設を抑えられます。

ホテルとの違い

一般的なホテルの場合、部屋の中にベッドと最低限の設備が用意されているだけの、部屋が一つしかないステューディオタイプの部屋を提供されます。 コンドミニアムの場合はキッチンやダイニング、リビングやベッドルームなどの部屋が用意されており、ホテルより広い居住スペースを提供されます。 2ベッドルームタイプのコンドミニアムもあるので、家族やグループで利用する場合、みんなで一緒の部屋で寝ることも可能です。

ホテルには家具や家電、調理器具などはついていませんが、コンドミニアムは生活に必要な設備や器具がそろっています。鍋やフライパンなど料理に必要な調理器具もそろっているので、自炊することもできます。 ホテルではルームサービスやレストランを利用できますが、コンドミニアムにはそうしたサービスがないので、自炊することが前提となっています。また、タオルやシーツの交換をしてくれるメイドサービスも、コンドミニアムにはついていません。

ホテルでは困ったときにコンシェルジュやベルボーイにお願いすることもできますが、コンドミニアムにはいないため、すべて自分で行わなくてはなりません。 ホテルは24時間営業しているため、いつでもチェックインすることが可能ですが、コンドミニアムは夜10時くらいになると閉まってしまうところも多いので、飛行機の到着が遅れたときや、先に観光に回っているときは注意が必要です。 ホテルと同じようにコンドミニアムにもフロントがありますので、チェックインはフロントで行います。

コンドミニアムのメリット

コンドミニアムを利用する最大のメリットは、宿泊費を抑えられるという点です。コンドミニアムは一部屋の料金で請求されるため、人数が多ければ多いほど、宿泊費を抑えることができます。 コンドミニアムは自炊ができるので、外食の際に周りに気を遣う子連れの家族なら、誰にも気兼ねせず食事を楽しめます。 ハワイのレストランは料金も高いため、自炊をすることで食費を抑えられるのもメリットといえるでしょう。 外食に行ったときに、食べきられなかったご飯を持ち帰って、次の日の朝食に温めて食べることも可能です。 また、ホテルの場合はコンシェルジュやベルボーイなどにチップを渡さなくてはいけませんが、コンドミニアムはチップを払わなくて済みますので、その分だけ費用を節約できるのはメリットの一つといえます。

コンドミニアムの選び方

コンドミニアムは大きく分けると、バケーションレンタルタイプとホテルタイプの2種類があります。バケーションレンタルタイプは個人オーナーがレンタルに出しているもので、不動産会社を仲介し、リゾート会社が運営管理を行っていることが多いようです。 個別の部屋になっているので、気に入るタイプのコンドミニアムを探すのに時間がかかることもありますが、眺望の良い高級タイプのコンドミニアムなど掘り出し物件が見つかることもあります。

ホテルタイプは建物全体がコンドミニアム専用の宿泊施設になっており、ホテルと同じように利用できます。予約もホテルと同様に行えますし、フロントが設置されていますので、安全面はかなり高い宿泊施設といえるでしょう。 ホテルタイプは通じようのホテルと同じように、ベッドメイキングや部屋の掃除などのサービスが付いていることが多いため、部屋の掃除などを気にせず過ごせます。

バケーションレンタルタイプは個人オーナーがレンタルしていることが多いため、掃除などのメイドサービスが付いていないことが多いようです。 コンドミニアムは旅行会社でも申し込むことができるため、初めて利用する場合は旅行会社を活用したほうが良いかもしれません。 最近では人気の高いコンドミニアムのランキングサイトなどもインターネットで公開されているので、事前にチェックしておくと相場費用なども一緒に確認できます。

コンドミニアムを購入することも可能

ハワイに行く頻度が多い場合、コンドミニアムを購入してみることを考えるのも良いでしょう。ハイシーズンは宿泊代も上がるためコンドミニアムを購入すると、宿泊費や予約などを気にせず、気軽にハワイに遊びに行くことができます。 また、ハワイの不動産価格は年々上昇傾向にあるため、投資目的で購入する人も少なくありません。自分が利用していない間はレンタルに出すことで収入を得ることができます。 バケーションレンタルに登録しておけば、数日から数カ月単位のレンタルも可能なので、定期的に収益を上げることも可能です。

ハワイでは築年数の古いコンドミニアムも多いですが、ハワイは築年数よりロケーションを重視するため、不動産価値が下がることはほとんどないので、安定した収入を得られるのも人気の理由の一つです。 コンドミニアムの購入価格は築年数や立地条件などによっても左右しますが、ワイキキの40万ドル前後の1ベッドルームタイプが人気のようです。1ベッドルームはレンタルしやすく需要も多いので、投資物件として購入する人が多いようです。 人気なのはやはり低い価格帯の物件で、35万ドル前後だとすぐに売れてしまうことから、投資目的で購入している人が多いことが分かります。

ハワイ観光は癒しから!

出張ロミロミマッサージ

出張ロミロミ専門店「ロミノハワイ」は滞在先のホテルに資格を保持した日本人女性セラピストが伺います。疲れ知らずのハワイ旅行にするためにご利用ください。

顔や足のむくみを解消して、身も心も癒されてハワイを楽しむ方法