お役立ち情報

ハワイで結婚式を挙げる前にチェックしておくポイント

海外リゾートウェディングの中でも、特に人気の高いのがハワイウェディングです。温暖な気候のハワイは観光地としても人気がありますが、ウェディングスポットとしても注目されています。ハワイウェディングを挙げたいと思っているカップルは多いですが、費用がどれくらいかかるのか、どこで挙式をあげるのか分からないことも多いですよね。そこで今回は、ハワイウェディングで必要となる費用や気を付ける点などについて、ご紹介します。

ハワイウェディングの相場費用をチェック!

ハワイウェディングを計画するなら、まず最初にチェックするのがハワイでの結婚式の相場です。どれくらい費用がかかるのか分からないと、どの程度お金を用意しなくてはならないのか不安になるものです。 ハワイウェディングの相場はプランによって大きく変わってきますが、平均では200万円前後といわれています。 参列者が多ければ多いほど費用は高くなりますので、ゲストが多い場合は相場を上回ることを頭に入れておきましょう。また、挙式プランのグレードを上げたり、オプションをつけると、さらに費用はかかります。 ハワイの結婚式にかかる費用は2人の旅行費、挙式料、現地パーティー料が必要になってきます。 挙式料の平均相場は110万円前後になりますが、プランによって50万円前後のものもあれば、100万円前後のものもあります。

現地での挙式後のパーティーは必ず行わなくても良いですが、ゲストを呼んだ場合は開催することが多いようです。 挙式後のパーティー相場は30万円前後で、宿泊しているホテルのパーティー会場やレストランで行うことがほとんどです。 日本で行う披露宴のように、ウェディングケーキを用意してもらうこともありますが、その場合は費用がプラスされますので、費用を抑えたい場合はやめておきましょう。

ゲストを招待した場合、ゲストの旅費や宿泊費は自分たちが負担するのか気になるところですが、一般的には参加したゲストが自分で負担するようです。ゲストに全額負担してもらう場合は、ご祝儀は受け取らないように気をつけましょう。 費用の一部を負担する場合は航空券を渡したり、宿泊費を負担するなど、どちらかを新郎新婦が負担しているようです。

ハワイで人気の結婚式場を探そう

ハワイ挙式をするなら、やっぱり人気の式場を探したいですよね。最近では結婚情報誌やインターネットでハワイの人気のチャペルをすぐに探せますので、まずは自分たちでリサーチを行いましょう。 気になるチャペルや式場があればピックアップしておき、候補をいくつかあげておきましょう。

ハワイでの挙式はホテル、または独立型の教会やチャペルで行います。ハワイでも人気が高いチャペルの一つが、シェラトン・ワイキキ ザ・マカナチャペルです。高級ホテル内に併設されているので、挙式後のパーティーも同時に行えます。 独立型のチャペルで人気が高いのが、コオリナ地区にあるコオリナ・チャペル アクア・マリーナです。全面ガラス張りのチャペルで、青い海と空を360度臨みながら結婚式を挙げられます。 教会での結婚式を希望するなら、キャルバリー・バイ・ザ・シー教会がおすすめです。オアフ島の中で唯一海の見える教会で、海と緑に囲まれたハワイらしい雰囲気を楽しめます。

ハワイに限らず、海外挙式をする場合、旅行会社やプロデュース会社に依頼をするのが一般的です。 自分たちで手配するとなると高い英語力が必要になりますので、自信がない場合は旅行会社などに依頼したほうが良いでしょう。 ピックアップしておいたリストを元に相談してみると、いくつかプランを提案してくれるはずです。

ハワイでの結婚式はチップの用意が必要

ハワイで結婚式を挙げる場合、気をつけなくてはならないのが結婚式のスタッフへのチップです。ハワイはアメリカの州なので、チップの習慣があります。日本ではなじみがないですが、ハワイではチップはマナーとなっていますので、必ず渡すようにしましょう。 チップを渡さなかったり渡す金額が少ないと、スタッフの機嫌が悪くなることも考えられます。最悪な思い出にならないよう、チップを値切ることはやめておきましょう。 必要となってくるのはヘアメイクやカメラマン、リムジンドライバー、挙式やパーティーを担当してくれるスタッフ、ウェイターや演奏者など。挙式に関わるスタッフすべてにチップを渡します。 ヘアメイクやドライバー、カメラマンや担当者へのチップは20ドル前後、それ以外は1ドルから3ドルくらいが相場です。もちろんそれ以上渡しても問題はありません。

チップを渡すタイミングはサービスを受ける前です。チップを渡すと張り切ってくれるスタッフも多いので、先に渡すことを心がけておきましょう。 また、チップはクレジットカードで精算することも可能です。個別で渡す場合はできませんが、パーティーのときにウェイターに渡すチップは、一緒にクレジットカードで精算することができますので、担当の人に聞いてみると良いでしょう。

また挙式のときに渡すチップは、ポチ袋に入れたほうがいいとの意見がありますが、裸のままでも問題ありません。 海外にはポチ袋の文化がないので、場合によってはチップだと理解してもらえないこともあります。裸札で渡しても失礼ではありませんので、自分たちの都合の良い方法で渡すようにしましょう。

参列者はどんな服装で参加してもらえばいい?

ハワイにゲストを招待すると、どのような服装で参列すれば良いか聞かれることも多いと思われます。

女性の場合はフォーマルドレスかサマードレス、もしくはハワイの正装であるムームーを着用して参列すれば良いでしょう。 教会で挙式をする場合は、ストールやカーディガンなどをドレスの上に羽織るのがマナーとなっていますので、必ず用意しておきましょう。

男性の場合はスーツかアロハシャツが正装となります。せっかくハワイの挙式に参列するなら、アロハシャツをおすすめしてみてはいかがでしょう。 日本での挙式だと、両親は留め袖とモーニングを着用しますが、ハワイの場合はムームーとアロハシャツで問題ありません。親族や子供たちも大人同様、アロハシャツとムームーを着用すると良いでしょう。

費用を格安にあげたいなら2人だけの挙式がおすすめ

ハワイでの結婚式は渡航費が必要になる分だけ、どうしても費用が高くなってしまいます。少しでも費用を節約したいなら、2人だけで結婚式を挙げてみるのも一つの方法です。 旅行者などの挙式プランに申し込む場合、渡航費と挙式料、パーティー費用が含まれていますが、プランによっては2人だけで挙式をあげるプランもあります。 安いプランは余計なオプションが付いていないので、格安にハワイで結婚式をあげることができます。 挙式に必要な最低限のオプションのみ付けるようにすれば、かなり費用は節約できます。必要となるオプションは、ヘアメイクとブーケ、ドレスなどの持ち込み料です。

また、最近では2人だけで写真を撮りながら行うフォトウェディングが人気です。ハワイのビーチでドレスとタキシードを着て撮影を行うウェディングで、費用は8万円から10万円程度です。 チャペルウェディングとフォトウェディングを合わせて行うプランなどもありますので、結婚式の記念写真を撮影したい場合は、フォトウェディングも一緒に計画しておきましょう。 新婚旅行に行くことを考えた場合、渡航費は必要になりますので、2人だけでハワイで挙式をあげたほうが、トータルでかなりの節約になります。 ただし、結婚式のために滞在期間を長くすれば、その分だけ費用が高くなってしまうので、新婚旅行の日程内に挙式を組み込んだほうが節約につながります。

まとめ

ハワイでの結婚式に憧れる人も多いですが、海外での挙式は日本よりも費用がかかってしまうことと、ゲストに負担をかけてしまうことが多いことを頭に入れておくようにしましょう。

ハワイでの観光は癒しから!

出張ロミロミマッサージ

出張ロミロミ専門店「ロミノハワイ」は滞在先のホテルに資格を保持した日本人女性セラピストが伺います。疲れ知らずのハワイ旅行にするためにご利用ください。

顔や足のむくみを解消して、身も心も癒されてハワイを楽しむ方法